White Box Enterprise Linux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
White Box Enterprise Linux
Whitebox30respin1.jpg
White Box Enterprise Linux 3.0 r1
開発元企業 / 開発者 John Morris
OSの系統 Linux
開発状況 停止中
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース White Box Enterprise Linux 4 Respin 2 / 2007年6月21日
パッケージ管理 RPM
対応プラットフォーム i386, AMD64
カーネル種別 モノリシックカーネル
ライセンス GPL
ウェブサイト whiteboxlinux.org

White Box Enterprise Linux(ホワイトボックス・エンタープライズ・リナックス、WBEL)とは、アメリカ ルイジアナ州De Ridder市のボーレガード郡立図書館の資金提供により、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) を基に新たに開発された Linuxディストリビューションである。2007年6月を最後に新たなバージョンは公開されておらず、事実上の活動停止状態にある。

なお、RHELが有償であるのに対し、WBELは無償であり、製品に対するサポートは行われない。モデルとなったディストリビューションで使われていたGPLソースコードを再コンパイルし、かつ、そのベンダーが権利を所有する商標やロゴなどを削除したLinuxディストリビューションである。「RHELクローン」と呼ばれるものはこれ以外にCentOSScientific Linuxがある。

外部リンク[編集]