WEC 51

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WEC 51: Aldo vs. Gamburyan
イベント詳細
シリーズ WEC
主催 ズッファLLC
開催年月日 2010年9月30日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コロラド州ブルームフィールド
会場 ファーストバンク・センター
試合数 全10試合
放送局 Versus
入場者数 3,791人[1]
入場収益 191,620ドル[1]
イベント時系列
WEC 50: Cruz vs. Benavidez 2 WEC 51: Aldo vs. Gamburyan WEC 52: Faber vs. Mizugaki

WEC 51: Aldo vs. Gamburyan(ダブリューイーシー・フィフティワン:アルド・ヴァーサス・ガンブリャン)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「WEC」の大会の一つ。2010年9月30日、アメリカ合衆国コロラド州ブルームフィールドファーストバンク・センターで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントでは王者ジョゼ・アルドと挑戦者マンヴェル・ガンブリャンによるWEC世界フェザー級タイトルマッチが行なわれ、アルドがパウンドによるTKO勝ちを収め2度目の王座防衛に成功した[2]

第6試合では中国人選手として初めてのWEC出場となったジャン・ティエカンパブロ・ガーザと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ちを収めた[3]

デメトリアス・ジョンソンは当初クリント・ゴドフリーと対戦予定であったが[4]、対戦相手がニック・ピースに変更された[5]

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デメトリアス・ジョンソン vs. アメリカ合衆国の旗 ニック・ピース ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第2試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アントニオ・バヌエロス vs. アメリカ合衆国の旗 チャド・ジョージ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第3試合 フェザー級 5分3R
ブラジルの旗 ディエゴ・ヌネス vs. アメリカ合衆国の旗 テイラー・トナー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第4試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 クリス・ホロデッキー vs. ブラジルの旗 エド・ラトクリフ ×
3R終了 判定2-1(28-29、30-27、30-27)
第5試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブラウン vs. アメリカ合衆国の旗 コール・プロヴァンス ×
1R 1:18 TKO(レフェリーストップ:パウンド)
第6試合 ライト級 5分3R
中華人民共和国の旗 ジャン・ティエカン vs. アメリカ合衆国の旗 パブロ・ガーザ ×
1R 2:26 ギロチンチョーク

メインカード[編集]

第7試合 フェザー級 5分3R
カナダの旗 マーク・ホーミニック vs. アメリカ合衆国の旗 レオナルド・ガルシア ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第8試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョージ・ループ vs. 韓国の旗 ジョン・チャンソン ×
2R 1:30 KO(左ハイキック)
第9試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ミゲール・トーレス vs. アメリカ合衆国の旗 チャーリー・ヴァレンシア ×
2R 2:25 チョークスリーパー
第10試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドナルド・セラーニ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイミー・ヴァーナー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第11試合 メインイベント WEC世界フェザー級タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 ジョゼ・アルド vs. アルメニアの旗 マンヴェル・ガンブリャン ×
2R 1:32 TKO(レフェリーストップ:パウンド)
※アルドが2度目の王座防衛に成功した。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトドナルド・セラーニ vs. ジェイミー・ヴァーナー
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトジョージ・ループ
サブミッション・オブ・ザ・ナイトミゲール・トーレス
各選手にはボーナスとして10,000ドルが支給された[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]