WEC 52

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WEC 52: Faber vs. Mizugaki
イベント詳細
シリーズ WEC
主催 ズッファLLC
開催年月日 2010年11月11日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 ザ・パール
試合数 全11試合
イベント時系列
WEC 51: Aldo vs. Gamburyan WEC 52: Faber vs. Mizugaki WEC 53: Henderson vs. Pettis

WEC 52: Faber vs. Mizugaki(ダブリューイーシー・フィフティツー:フェイバー・ヴァーサス・ミズガキ)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「WEC」の大会の一つ。2010年11月11日、アメリカ合衆国・ネバダ州ラスベガスザ・パールで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントではWEC 50から延期となっていたユライア・フェイバー水垣偉弥の試合が行なわれ、フェイバーが水垣をチョークスリーパーで失神させ一本勝ち。バンタム級転向初戦に勝利した[1]

当初はジョシュ・グリスピエリック・コクの試合が予定されていたが、グリスピがUFC世界フェザー級王者に認定されたジョゼ・アルドに2011年1月のUFC 125で挑戦することが決まり[2]、コクは代役フランシスコ・リヴェラとの試合に変更され、コクがTKO勝ちを収めた[3]。その後、アルドが負傷欠場となりUFC 125でのグリスピの王座挑戦は消滅した。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 フェザー級 5分3R
カナダの旗 イーブス・ジャボイン vs. アメリカ合衆国の旗 ブランドン・ヴィッシャー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第2試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カブ・スワンソン vs. アメリカ合衆国の旗 マッケンズ・セメジャー ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第3試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイケル・マクドナルド vs. アメリカ合衆国の旗 クリント・ゴドフリー ×
1R 2:42 腕ひしぎ十字固め
第4試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ポワリエ vs. アメリカ合衆国の旗 ザック・ミッケルライト ×
1R 0:53 TKO(パンチ連打)
第5試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ジョクアーニ vs. アメリカ合衆国の旗 エドワード・ファーロロット ×
2R 4:54 TKO(肘打ち)
第6試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ハファエル・アスンソン vs. アメリカ合衆国の旗 L.C.デイヴィス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

メインカード[編集]

第7試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デメトリアス・ジョンソン vs. アメリカ合衆国の旗 ダマッシオ・ペイジ ×
3R 2:27 ギロチンチョーク
第8試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ベナヴィデス vs. ブラジルの旗 ヴァグネイ・ファビアーノ ×
2R 2:45 ギロチンチョーク
第9試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エリック・コク vs. アメリカ合衆国の旗 フランシスコ・リヴェラ ×
1R 1:36 TKO(レフェリーストップ:左ハイキック→鉄槌打ち)
第10試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 チャド・メンデス vs. アメリカ合衆国の旗 ハビエル・バスケス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第11試合 メインイベント バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ユライア・フェイバー vs. 日本の旗 水垣偉弥 ×
1R 4:50 チョークスリーパー

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトカブ・スワンソン vs. マッケンズ・セメジャー
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトエリック・コク
サブミッション・オブ・ザ・ナイトユライア・フェイバー
各選手にはボーナスとして10,000ドルが支給された[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]