SF超人ヘラクレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SF超人ヘラクレス
HERCULES IN NEW YORK、HERCULES - THE MOVIE、HERCULES GOES BANANAS
監督 アーサー・アラン・シーデルマン
脚本 オーブリー・ウィスバーグ
製作 オーブリー・ウィスバーグ
製作総指揮 ルイス・G・チャピン・ジュニア
マーレイ・M・カプラン
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
アーノルド・スタング
デボラ・ルーミス
音楽 ジョン・バラモス
撮影 レオ・レボウイッツ
編集 ドナルド・フィナモーレ
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

SF超人ヘラクレス(原題:HERCULES IN NEW YORK、HERCULES - THE MOVIE、HERCULES GOES BANANAS)』は1970年に制作されたアメリカ映画。TV版題名は『アーノルド・シュワルツェネッガーのヘラクレス』又は『シュワルツェネッガーのヘラクレス』。DVD邦題は『アドヴェンチャー・オブ・ヒーロー』。

概要[編集]

名実共にアーノルド・シュワルツェネッガー映画デビュー作であり、日本劇場未公開のコメディ映画。当時のシュワルツェネッガーはオーストリア語訛りが酷かったため、別の俳優アフレコ台詞をあてている。(現在では吹き替え無しの本人の声のバージョンも出版された)クレジット表記はアーノルド・シュワルツェネッガーではなくアーノルド・ストロング

ストーリー[編集]

ギリシャ神話の神々が暮らすオリンポスでの退屈な生活にうんざりしていたヘラクレス。彼は下界に興味を抱き、であるゼウスから何度却下されても、地上へ下る許可を求め続ける。これに耐えかねたゼウスは、懲らしめる意味も込めてヘラクレスを地上へ送った。に落下し輸送船に拾われたヘラクレスは、好奇心だけを頼りにニューヨークへ上陸する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヘラクレス アーノルド・ストロング 屋良有作
プレッツィー アーノルド・スタング 仲木隆司
ゼウス アーネスト・グレイブス 坂口芳貞
教授 ジェームズ・カレン 村越伊知郎
ヘレン デボラ・ルーミス 滝沢久美子
ジュノ タニー・マクドナルド 火野カチコ
ロッド・ネルソン ハワード・バースタイン 牛山茂
メリクリウス ダン・ハミルトン 堀之紀
ネメシス テーナ・エルグ 藤夏子

エピソード[編集]

  • 推理作家のパーネル・ホールは役者時代に、ヘラクレスに馬車を奪われる映画宣伝のバイト「痩せたヘラクレス」役で出演している。
    ホールによると、「アーノルド・ストロング」というクレジット表記は、シュワルツェネッガーでは名前の響きがアメリカ受けしないと判断した製作側が、プレッツィー役のアーノルド・スタングにちなんで付けたものだという。なお映画の宣伝文句は「主演はアーノルド・ストロングとアーノルド・スタング」。[1]

脚注[編集]

  1. ^ パーネル・ホール/著 田中一江/訳『陪審員はつらい』早川書房(1994年)(ISBN 4-15-077806-x)