NGC 2207とIC 2163

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NGC 2207 / IC 2163
NGC2207+IC2163.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡によるNGC 2207とIC 2163の画像
Credit: HST/NASA/ESA
観測データ (J2000.0 元期)
星座 おおいぬ座
赤経 06h 16m 22.0s / 06h 16m 28.0s[1]
赤緯 -21° 22′ 22″ / -21° 22′ 33″[1]
赤方偏移 2741 ± 15 / 2765 ± 20 km/s[1]
距離 81 ± 39 Mly
(24.9 ± 12 Mpc)[2]
タイプ SAB(rs)bc pec / SB(rs)c pec[1]
角直径 (V) 4′.3 × 2′.8 / 3′.0 × 1′.2[1]
等級 (V) 12.2 / 11.6[1]
大きな特徴 相互作用銀河
別名
RR59 132, PGC 18749 / 18751[1]
銀河銀河の一覧も参照

NGC 2207とIC 2163(NGC 2207 and IC 2163)は、2つの渦巻銀河からなる相互作用銀河である。おおいぬ座の方角に地球から約8000万光年離れた位置にある[2]。どちらの銀河も1835年にジョン・ハーシェルによって発見された。それまで、NGC 2207で3つの超新星(SN 1975ASN 1999ecSN 2003H)が発見されていた。NGC 2207は、IC 2163の潮汐作用による分裂の渦中にある。

1999年11月、ハッブル宇宙望遠鏡がこれらの銀河を観測した。

2006年4月、スピッツァー宇宙望遠鏡がこれらの銀河を観測した(以下の写真)。

スピッツァー宇宙望遠鏡によるNGC 2207とIC 2163の赤外線画像。Credit: NASA/JPL
ヨーロッパ南天天文台によるNGC 2207とIC 2163の画像


合体銀河[編集]

NGC 2207は、IC 2163との衝突、合体の渦中にある。しかし、触角銀河マウス銀河のようにはならず、2つの銀河はまだ分離したままである。これらはまだ、衝突、合体の最初の段階にある。2つの銀河は今後すぐに衝突し、恐らくマウス銀河に似た形態になる。今後約10億年以内に、両銀河は合体し、1つの楕円銀河になると考えられている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 2207 / IC 2163. 2006年11月25日閲覧。
  2. ^ a b Distance Results for NGC 2207”. NASA/IPAC Extragalactic Database. 2010年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]