IBM 3101

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IBM 3101 表示装置(あいびえむさんいちまるいち、英文名:IBM 3101 ASCII Display Station)、IBM 3151/315X表示装置、IBM 3161/316X表示装置は、非同期シリアル通信で動く比較的安価な表示端末で、IBMおよびIBM以外のコンピューターに広く接続され、世界的には特にIBM社以外のミニコンピュータやIBM Series/1、IBM AIXコンピューターのデータ処理端末として多く利用されたが、日本ではあまり使われなかった。

IBM 3101表示装置

IBM 3101[編集]

IBM 3101表示装置は1979年に発表されて、次のような機能がある:

  • 12インチCRTディスプレイ(色はグリーン)
  • 80文字 x 24行 + ステータス表示行
  • キーボード
  • 非同期通信アダプター: 近距離接続またはモデム用EIA RS-232C、遠距離接続用EIA RS-422
  • 通信速度:200/300~19, 200 bps
  • 米国英語または世界の主な言語の1つ(日本語は半角英数字・カタカナ)

それまでのIBM製品の慣例に反して、次のような特徴があった:

  • 多くのIBM以外の技術の利用
  • 1台の3つのエレメント(ディスプレイ、キーボード、ロジック)をユーザーが交換できた
  • ユーザー自身による設置
  • メンテナンスはIBMのIBMメンテナンス所のみで
  • 問題発見は、キーボードの中にある「問題追跡ガイド」を見てユーザーが自身で
  • 販売のみ(多数台数販売にディスカウントあり)、リースはなし

IBM 3101表記装置は非同期通信機能で、IBMおよびIBM以外のさまざまなコンピューターに接続し、ディジタル・イクイップメント・コーポレーション (VT100など)、ワイズ・テクノロジー(Wyse Technology)などが競合する。IBM 3101はIBM社以外のミニコンピュータや特にIBM Series/1のデータ処理端末として広く使われた。

IBM 3102[編集]

IBM 3102 プリンターはIBM 3101の補助ポートに接続し、熱感紙を使って、横80文字・縦6行/インチを、毎秒40文字でプリントする印刷機で、各文字は5x7ドット・マトリックスである。

IBM 3161/63[編集]

IBM 3161端末機、ドイツ語のセットアップ画面で

1985年に発表された。

  • 単色ディスプレイ、12インチCRT(IBM 3161)または14インチCRT(IBM 3163)
  • 別売のカートリッジ(ロジック・エレメントに挿入)で、他社のASCIIディスプレイ端末機をエミュレーション
ADDS社 Viewpoint、Hazeltine社 1500、Lear Siegler社 ADM 3A and ADM 5、and TeleVideo社 910


IBM 3164[編集]

1986年に発表された。

  • 14インチ・カラーCRTディスプレイ

IBM 3151[編集]

1987年に発表された。

  • 14インチCRTディスプレイ(単色グリーン、アンバー、ホワイトを指定}
  • 80または132文字 x 24行
  • 2エレメント:ディスプレイ/ロジック、キーボード

オプションで、次のASCIIディスプレイ端末機をエミュレーション:

  • Lear Siegler社 ADM-3A、ADM-5, ADDS社 Viewpoint A2、Hazeltine社 1500、Televideo社 TVI-910/910+、TVI-912、TVI-920、TVI-925、TVI-925E、IBM社 3101

日本IBM日本デザイン振興会からこの端末装置に1988年度「グッドデザイン賞」を貰っている。 [1]

IBM 3152[編集]

IBM 3152カラー表示装置は、1992年にヨーロッパ・中近東・アフリカ向けのみに発表された。

キーボードは次の言語の選択ができた。

  • ASCII keyboard
US English, Belgian, Danish, Finnish, French, German, Italian, Greek, Norwegian, Portuguese, Spanish, Swedish, Swiss French, Swiss German, or UK English.
  • PS/2 keyboard
US English, Belgian, Bosnian, Czech, Danish, Dutch, Finnish, French, German, Italian, Greek, Hungarian, Norwegian, Polish, Portuguese, Rumanian, Russian, Slovak, Slv/Croat/Sl, Spanish, Swedish, Swiss French, Swiss German, Turkish U, Turkish Q Hebrew, or UK English

IBM 3153[編集]

IBM 3153 InfoWindow II表示装置は、1993年に発表された。

開発・製造・ユーザー[編集]

IBM 3101端末機、IBM 3151/315X表示装置、IBM 3161/316X表示装置の開発は、IBM通信製品部門(Communication Products Division)の藤沢開発研究所(のちに大和開発研究所)で行なわれ、さらにのちに英国スコットランドグリーノック開発部門に移って行なわれた。製造はノースカロライナリサーチ・トライアングル・パーク工場で南北米・アジア・太平洋地区向け、英国・スコットランドのグリーノック工場でヨーロッパ中近東アフリカ向けが行なわれた。

海外では、おもにIBM社以外のミニコンピュータやIBM Series/1に接続して、商用・政府用・軍用のユーザーに広く使われた。日本で使ったユーザーは、少なかった。

この影響[編集]

この表示装置をベースとして、後程IBM System/36用のIBM 5250ディスプレイ・サブシステムのIBM 3104、IBMシステム/360接続用のIBM 3270ディスプレイ・サブシステムのIBM 3178/3179が、低価格表示装置として開発された。

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1988年度「グッドデザイン商品」:ディスプレイ端末装置(日本IBM)

外部リンク[編集]