HD 20367

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HD 20367
データ
元期 J2000.0      Equinox J2000.0 (ICRS)
星座 おひつじ座
赤経 03h 17m 40.05s [1]
赤緯 +31° 07′ 37.4″ [1]
視等級 (V) 6.410 [2]
特徴
スペクトル分類 G0[2]
B-V 色指数 0.523[2]
アストロメトリー
視線速度 (Rv) 5.3±2[2] km/s
固有運動 (μ) 赤経: -104.18 ± 0.50 [1] ミリ秒/
赤緯: 58.11 ± 0.48 [1] ミリ秒/
年周視差 (π) 37.48 ± 0.63[1] ミリ秒
距離 87 ± 1 光年
(26.7 ± 0.4 パーセク)
絶対等級 (MV) 4.24[3]
詳細
質量 1.04 ± 0.06[4] M
半径 1.18 ± 0.32[4] R
表面重力 (log g) 4.53 ± 0.22[5]
光度 (可視、 LV) 1.72[6] L
表面温度 5929[4] K
金属量 [Fe/H] = 0.1[4]
自転速度 (v sin i) 3[7] km/
年齢 8.7 × 108 [4]
他の名称
AG+30° 340, BD+30° 520, GC 3929, GCRV 1814, GSC 02340-01798, HIP 15323, IRAS 03146+3056, PPM 68307, SAO 56323, TD1 2046, TYC 2340-1798-1.[2]
参照データベース
SIMBAD data
Planet
HD 20367 b data

HD 20367は、おひつじ座の方角、ペルセウス座との境目に非常に近い約87光年[1]の位置にある6等級の恒星である。太陽に似た黄色矮星で、スペクトル型はG0Vである。

惑星系[編集]

2002年6月、500日の公転周期を持つ木星質量程度の太陽系外惑星軌道離心率の大きい軌道を描いてHD 20367の周囲を公転しているのが発見された[8]

HD 20367の惑星[9]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b >1.17 MJ 1.246 ± 0.075 469.5 ± 9.3 0.320 ± 0.090

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f van Leeuwen, F. (2007年). “HIP 15323”. Hipparcos, the New Reduction. 2010年2月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e HD 20367 -- Star, database entry, SIMBAD. Accessed on line October 1, 2008.
  3. ^ From apparent magnitude and parallax.
  4. ^ a b c d e Star : HD 20367, entry, Extrasolar Planets Encyclopaedia. Accessed on line October 1, 2008.
  5. ^ Table 2, Spectroscopic [Fe/H] for 98 extra-solar planet-host stars. Exploring the probability of planet formation, N. C. Santos, G. Israelian, and M. Mayor, Astronomy and Astrophysics 415 (March 2004), pp. 1153?1166, doi:10.1051/0004-6361:20034469, Bibcode2004A&A...415.1153S.
  6. ^ From absolute visual magnitude, taking MV=4.83 for the Sun.
  7. ^ HD 20367, database entry, The Geneva-Copenhagen Survey of Solar neighbourhood, J. Holmberg et al., 2007, CDS ID V/117A. Accessed on line November 19, 2008.
  8. ^ A 1.1 Jupiter-mass planet orbiting HD 20367, Geneva Observatory, October 7, 2002. Accessed on line October 1, 2008.
  9. ^ Table 3, Catalog of Nearby Exoplanets, R. P. Butler et al., The Astrophysical Journal 646, #1 (July 2006), pp. 505?522, Bibcode2006ApJ...646..505B, doi:10.1086/504701.

外部リンク[編集]