Freescale 68HC08

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

68HC08(またはHC08と略記)は、フリースケール・セミコンダクタ(以前はモトローラ・セミコンダクタであった)による、8ビットマイクロコントローラの幅広いファミリである。

HC08は、旧機種の Motorola 68HC05 と完全にコード互換である。6800以降の伝統を共有する全てのモトローラのプロセッサと同じく、HC08はノイマン型アーキテクチャとメモリマップドI/Oを使用している。このファミリは、メモリとは別に5つのCPUレジスタを持っている。8ビットのアキュムレータA、16ビットのインデックスレジスタH:X、16ビットのスタックポインタSP、16ビットのプログラムカウンタPC、8ビットのコンディションコードレジスタCCRである。いくつかのインストラクションは、H:Xインデックスレジスタ内の個々のバイトを独立して参照する。

HC08の周辺には、何十ものプロセッサファミリが存在し、それぞれが異なる組み込みアプリケーションをターゲットとしている。特徴や能力は、ピン数は8から64ピンまで、USB 1.1からLINまでと、変化は幅広い。

Freescale RS08 コアは、単純化した"reduced-resource"バージョンのHC08である。

Freescale HCS08 コアは、次世代のHC08プロセッサである。

外部リンク[編集]