Bootstrap Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4, IPv6) / ICMP / ICMPv6 / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP/InARP / NDP / OSPF / SPB / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネット, IEEE 802.11, DSL, ISDN)

カテゴリ

Bootstrap Protocol(ブートストラップ プロトコル、BOOTP)は、ネットワークに接続されたクライアントが、IPアドレスホスト名サブネットマスク等を自動的に取得するためのプロトコルである。RFC 951で定義された。主に、オペレーティングシステムがブートする際に用いられる。

現在ではDHCPがBOOTPの上位互換プロトコルとなっており、BOOTPは徐々に使用されなくなってきている。

概要[編集]

前もってBOOTPサーバ側では、MACアドレスとIPアドレス・ホスト名の対応表を用意しておく。ネットワークに接続された機器は自らのMACアドレスをブロードキャストし、これを受け取ったBOOTPサーバが、対応表に従ってIPアドレスを配布する。DHCPのような動的なIPアドレスの配布は行えない。

関連項目[編集]