Reverse address resolution protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4, IPv6) / ICMP / ICMPv6 / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP/InARP / NDP / OSPF / SPB / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネット, IEEE 802.11, DSL, ISDN)

カテゴリ

Reverse address resolution protocol(逆アドレス解決プロトコル、略称:RARP)は、機器の物理アドレス(MACアドレス)からIPアドレスを取得するためのプロトコルである。機器は自らのMACアドレスをブロードキャストし(RARPリクエスト)、それに対してRARPサーバが応答してIPアドレスを配布する。リンク層に属する。

主に、上位プロトコルであるDHCPBOOTPに於いて、自らのIPアドレスを得るためにRARPが用いられる。

簡単に言えばARPの逆ということになるが、ARPと違い実装にするには非常に困難な技術である。そのためより多くの情報を提供するBOOTPが現在の主流である。

関連項目[編集]

  • ARP(Address Resolution Protocol)

関連RFC[編集]