B53 (核爆弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B53 / W53
B53 bomb.jpg
タイプ 核爆弾(B53) / 核弾頭(W53)
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ空軍
開発・生産
開発期間 1955年-1962年
生産期間 1962年-1965年
配備期間 1962年-1997年
生産数 350発
要目
核出力 9Mt
弾頭 熱核弾頭
直径 50インチ(B53)
37インチ(W53)
長さ 148-150インチ(B53)
103インチ(W53)
重量 8,850-8,900ポンド(B53)
6,200ポンド(W53)
テンプレートを表示
B53の背面。(国立アメリカ空軍博物館所蔵)

B53は、アメリカ合衆国が配備していた核爆弾水素爆弾)である。メガトン級の核出力を有する戦略目的の核爆弾であり、W53核弾頭も同等の弾頭を使用している。キューバ危機により米ソの対立が深まった時期に生産され、冷戦の象徴とも称された[1]

概要[編集]

開発は1955年ロスアラモス国立研究所で開始された。1962年から1965年まで生産が行われ、350発が生産された。搭載航空機はアメリカ空軍B-47B-52B-58爆撃機の大型爆撃機であり、各機種とも1発を搭載できた。投下に際しては、三段階のパラシュート展開により、レイダウン投下が可能となっていた。プライマリー部にはプルトニウムを用いず、高濃縮ウランを用いていた。核融合燃料はリチウム6同位体を用いた重水素化リチウムであった。

最大威力が9メガトンと大きく、1997年にB61 Mod11地中貫通爆弾に更新されるまでは、地下施設破壊用に配備されていた。これは、地表面での核爆発による衝撃波で、地下施設を破壊するものである。

W53核弾頭についてはタイタン II大陸間弾道ミサイルの弾頭として1987年まで配備されていた。これは単弾頭ミサイルとして、Mk.6再突入体内に搭載されていた。

2011年10月25日に最後まで保管されていた1発がテキサス州アマリロの核施設にて解体されたことが国家核安全保障局から発表された [2][3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]