ANDゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
入力 出力
A B A AND B
L L L
L H L
H L L
H H H

ANDゲートはデジタル論理回路の一種で、論理積を実装したものである。右に挙げた真理値表に従った動作をする。出力がHighとなるのは、ANDゲートの両方の入力がHighの場合のみである。

ANDゲートの入力の一方のみがHighの場合やどちらもHighでない場合、出力はLowとなる。換言すれば、ANDゲートは2つの入力から最小値を求めるものである。逆にORゲートは最大値を求める。

記号[編集]

ANDゲートを表す記号は3種類(ANSIIECDIN)ある。

AND ANSI Labelled.svg AND IEC.svg AND DIN.svg
MIL/ANSI 記号 IEC 記号 DIN 記号

ANDゲートの入力を AB、出力を C とすると、C = A \cdot B という論理式を実装していることになる。

実装[編集]

NMOS型ANDゲート

ANDゲートは一般にNMOS(上図)またはPMOSMOSFETで設計される。上の図で、ab が入力、F が出力である。

代替技法[編集]

NANDゲートで構成したANDゲート

ANDゲートがない場合でも、NANDゲートNORゲートからANDゲートを構成できる。NANDゲートとNORゲートは「汎用ゲート」であり[1]、他のあらゆる種類の論理ゲートを構成できる。XORゲートでもANDゲートを構成できるが、そのような使い方をすることは滅多にない。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Mano, M. Morris and Charles R. Kime. Logic and Computer Design Fundamentals, Third Edition. Prentice Hall, 2004. p. 73.

関連項目[編集]