19歳の純情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
19歳の純情
ジャンル 連続ドラマ
放送期間 2006年5月22日-2007年1月12日
放送国 韓国の旗 韓国
制作局 韓国放送公社(KBS)
脚本 ク・ヒョンスク(具賢淑)
出演者 ク・ヘソン、ソ・ジソク、イ・ミヌ、イ・ユンジ、シン・グ、他
テンプレートを表示

19歳の純情』は2006年韓国KBS(韓国放送公社)で放送された連続テレビドラマ。2010年9月9日、BS日テレで2話構成で放送開始された。

概要[編集]

このドラマは韓国KBS朝の連続テレビ小説にあたり、国際結婚のため、中国東北地方からソウルに上京してきた19歳の朝鮮族の女性を主人公した作品。異郷の土地で苦境に立たされながらなおかつ、明るさを失わずに成長する主人公を『薯童謡(ソドンヨ)』、『王と私』、『花より男子』のク・ヘソン(具恵善)が演じ、これが彼女の初主演であり、2006年から2007年上半期、『朱蒙』、『噂のチル姫』、『白い巨塔』に次ぐ最高視聴率を獲得した。この作品はKBS演技大賞最優秀演技賞、新人演技賞、助演賞を受賞した。

あらすじ[編集]

出演[編集]

重要人物[編集]

  • ヤン・グックァ(クックァ、クッカ 梁菊花):ク・ヘソン(具恵善)
主人公、中国延辺(ヨンビョン)出身の朝鮮族の田舎娘。結婚するため、故郷を離れ船で韓国に渡ったが婚約者が事故死してしまい、失意のうちに帰国しようとしたが韓国に留まる決心をし、様々な職業のアルバイトで生活を支えてきた。
大企業の御曹司で職場では冷徹な企画部長で理事を務め部下から恐れられている。クックァとは、最悪の出会いをし彼女から『チッチッケ』(延辺の方言で「ドジョウ」の意味である)と呼ばれる。
  • ホン・ウギョン(洪羽慶):イ・ミヌ(李珉宇)
ユヌの部下で友人クックァの婚約者の甥にあたる。実家が紳士服の仕立て屋で時々、手伝うことがある。
ユヌの妹で勉強嫌いで3流大学卒業で遊びと買い物とファッションにしか興味を持たない。

ホン一家[編集]

ホン一家の家長で紳士服職人。将来、跡を継ぐ息子を失い悲しみにくれるがそれを顔に出さずに仕事に励んでいる。
ボンナムの長男、ウギョンの父。KORAIL(韓国鉄道公社)の駅長を務める。
ボンナムの次男、ウギョンの1人目の叔父。売れない歌手で主婦相手の歌謡講座の講師で稼いでいる。離婚経験者で実家に居候する。
  • ホン・スング:
ボンナムの三男、クックァの婚約者でウギョンの2人目の叔父。生まれつき足が悪く紳士服の仕立てをしていたが、交通事故で他界。
ムングの妻でウギョンの母。元は家政婦であったが舅から未だ疎まれている。
ムングの長女でウギョンの妹。

パク一家[編集]

電子会社の会長でユヌとユンジョンの父。
ドンウクの妻でユヌとユンジョンの母。料理研究家で自分の子供たちを結婚させようと考えている。
ドンウクの娘でユヌとユンジョンの姉。自分の結婚を両親の反対を押しのけ、絶縁状態となる。
ユンジの夫。冴えない自動車販売の営業マンでパク夫妻(特に姑)には受け入れてもらえず、吃音(きつおん)になることがある。
  • コ・ナリ:
ユンジとグァンマンの一人娘。パク夫妻の初孫にあたる。

その他[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:ク・ヒョンスク(具賢淑)
  • 演出:チョン・ソンヒョ(鄭成孝)、ファン・イニョク(黄仁赫)

受賞[編集]

2006年 KBS 演技大賞[編集]

参考資料[編集]

  • ホームドラマチャンネルより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]