鹿港鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
彰化県の旗 彰化県 鹿港鎮
別称: 鹿仔港
地理
Syouka rokkoutin.svg
座標: 北緯24度07分10秒 東経120度26分30秒 / 北緯24.11944度 東経120.44167度 / 24.11944; 120.44167
面積: 39.4625 km²
各種表記
繁体字: 鹿港鎮
日本語読み: ろっこう
漢語: Lùgăng
ウェード式: Lukang
注音符号: ㄌㄨˋ ㄍㄤˇ ㄓㄣˋ
片仮名転写: ルーガンジェン
台湾語: Lo̍k-káng
客家語: Lu̍k-kóng
行政
行政区分:
上位行政区画: 彰化県の旗 彰化県
下位行政区画: 29里569鄰
鹿港鎮長: 黃振彥
公式サイト: 鹿港鎮公所
情報
総人口: 85,918 人(2014年1月)
戸数: 23,362 戸(2014年1月)
郵便番号: 505
市外局番: 04

鹿港鎮(ろっこうちん)は台湾彰化県

地理[編集]

鹿港鎮は彰化平原北西部の鹿港渓北岸似位置している。西側は台湾海峡に面し、東は秀水郷と、南は鹿港渓を隔てて福興郷と、北は番雅溝を隔てて線西郷及び和美鎮と接している。

歴史[編集]

鹿港は台湾西岸の中間に位置し、清の統治時代には天然の良港として商業の中心地として発展した。 鹿港一体は台湾原住民平埔族パゼッヘ族の居住地であり、Rokau-anが台湾語音で宛てられて鹿仔港のちに鹿港となったといわれている。 ただ語源については次の説もある。

  1. 台湾の中部に鹿が多く生息しており、その鹿が海辺に集まっていたことから鹿仔港、後に鹿港と簡称された。
  2. 地形が鹿の形に似ていたことから鹿仔港と称されるようになった
  3. 昔は米穀の集散地として栄えており、米穀を保存しておく倉庫を鹿と呼んだことから鹿仔港となった。これは現在の美市街をかつて米市街と称していたことも傍証と言える。

オランダ統治時代鄭氏政権から清初にかけては馬芝遴社と称されており、鹿港の名が文献上に現れるのは1784年である。この年鹿港と福建省蚶江の間で航路が開かれ鹿港の黄金時代が始まった。1785年から1845年にかけてが鹿港の全盛期であり、人口は約10万と当時の台湾において第二の都市となっていた。台湾語で「一府(台湾府城が置かれた台南)、二鹿(鹿港)、三艋舺(今の台北市萬華)」と並び称せられた。また、19世紀末期には鹿港が台湾南北の境界と見做されたことから、今でも台湾語で中南部を「下港 e7-kang2」(鹿港より下方=南方)、北部を「頂港 teng2-kang2」(鹿港より上方=北方)と呼ぶ。

当時の鹿港は八大商業組織が存在し、鹿港八郊と称されていた。それが泉郊金長順、廈郊金振順、南郊金進益、竹敢(発音はtek-kam,雑貨の意味)郊金長興、油郊金洪福、糖郊金永興、布郊金振万、染郊金合順である。

しかし時代が経つにつれ、港湾に河川の堆積物が堆積し、また日本統治時代に彰化平原の物産の輸送に主眼を置いた為縦貫線彰化駅員林駅を経由することとなり、鉄道輸送網から外れた鹿港の経済的繁栄は終止符を打つこととなった。

経済[編集]

行政区[編集]

  • 大有里
  • 中興里
  • 洛津里
  • 順興里
  • 菜園里
  • 街尾里
  • 泰興里
  • 長興里
  • 興化里
  • 龍山里
  • 景福里
  • 新宮里
  • 玉順里
  • 東石里
  • 永安里
  • 埔崙里
  • 東崎里
  • 詔安里
  • 海埔里
  • 草中里
  • 山崙里
  • 頭南里
  • 頭崙里
  • 頂番里


教育[編集]

高級中学[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

道路[編集]

  • 国道1号(中山高)
  • 彰化交流道(198)
  • 台61線:西濱快速公路
  • 台17線:濱海公路
  • 県道135号 (鹿港端,鹿和路):和美鎮 - 鹿港鎮 - 福興郷
  • 県道139甲(草港端,彰草路):線西郷 - 鹿港鎮
  • 県道142号 (鹿港端,彰鹿路):鹿港鎮 - 福興郷

バス[編集]

もっとも一般的なルートとして、彰化-鹿港間のバスが利用されている。また、台中-鹿港間のバスもある。

鉄道[編集]

かつて、糖業鉄道が敷かれて、旅客輸送も行っていたが、1970年代に廃止されている。明治製糖の旧鹿港駅は食堂に貸されて使用されており、ジーゼル機関車、客車、貨車も置かれている。

  • 新高製糖株式会社(鹿港-彰化)
  • 明治製糖株式会社(鹿港-渓湖、員林)

歴代鎮長[編集]

氏名 着任日 退任日
第1代 陳培煦 1949年4月 1953年12月
第2代 陳培煦 1953年12月 1956年6月30日
第3代 侯明輝 1956年7月1日 1960年
第4代 許嘉興 1960年 1964年2月28日
第5代 許嘉興 1964年3月1日 1968年2月28日
第6代 施恵洲 1968年3月1日 1973年3月31日
第7代 郭柳 1973年4月1日 1977年12月31日
第8代 郭柳 1978年1月1日 1982年2月28日
第9代 楊慶財 1982年3月1日 1986年2月28日
第10代 王福入 1986年3月1日 1993年8月19日
代理 詹益林 1993年8月19日 1994年2月28日
第12代 李棟 1994年3月1日 1998年2月28日
第13代 李棟 1998年3月1日 2002年2月28日
第14代 黄正隆 2002年3月1日 2006年2月28日
第15代 王惠美 2006年3月1日 2010年3月1日
第16代 王惠美 2010年3月1日 2012年1月31日
代理 陳淑雀 2012年2月2日 2012年5月8日
補選 黃振彥 2012年5月9日

特色[編集]

観光[編集]

  • 鹿港老街(鹿港古蹟保存区)、半辺井
  • 鹿港龍山寺:金門街81号
  • 鹿港天后宮:中山路430号
  • 台湾玻璃館:鹿工南四路30号(彰濱工業区鹿港区)
  • 媽祖文物館:中山路475号
  • 鹿港民俗文物館:中山路152号
  • 鹿港城隍廟:中山路366号
  • 興安宮:中山路89号
  • 文武廟:青雲路2号
  • 鹿港地藏王廟:力行街2号
  • 鹿港三山国王廟:中山路276号

名物料理、菓子[編集]