田中鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
彰化県の旗 彰化県 田中鎮
別称: 田中央
TienchungOldStreet.JPG
田中老街の町並み
地理
Syouka tanakatin.svg
位置 北緯23°51'
東経120°34'
面積: 34.6056 km²
各種表記
繁体字: 田中鎮
日本語読み: でんちゅう
たなか[1](慣用読み)
漢語: Tiánzhōng
通用: Tiánjhōng
注音符号: ㄊㄧㄢˊ ㄓㄨㄥ
片仮名転写: ティェンジョン
行政
行政区分:
上位行政区画: 彰化県の旗 彰化県
下位行政区画: 22里333鄰
政府所在地: -
田中鎮長: 鄭俊雄
公式サイト: 田中鎮公所
情報
総人口: 43,107 人(2014年1月)
戸数: 12,858 戸(2014年1月)
郵便番号: 520
市外局番: 04
田中鎮の木: -
田中鎮の花: -
田中鎮の鳥: -
田中鎮農会旧庁舎

田中鎮(でんちゅう-ちん)は、台湾彰化県

地理[編集]

歴史[編集]

田中鎮は周囲を水田に囲まれていたことから「田中央」と称され、日本統治時代に和風地名「田中」(たなか)改称されている。

清代は台湾府彰化県太武東堡及び東螺東堡の一部分に帰属し、乾隆末年から嘉慶年間にかけて福建省漳州府及び泉州府から三塊厝沙仔崙一帯に入植が進み、小街廓(現在の沙崙里)が形成された。しかし道光30年に濁水渓の氾濫により旧街区は壊滅し、住民は「田中央」に移住し開拓に従事した。日本統治時代職には台中県彰化支庁の管轄となり、1900年に沙仔崙支署、同年11月に続いて彰化田中支庁、1914年台中脳北斗支庁、1920年には台中州員林郡田中庄と改称され、1940年に街に昇格した。戦後は田中街は当初台中県の帰属となったが、1950年に彰化県に帰属するようになり現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代鎮長[編集]

氏名 任期

教育[編集]

高級中学[編集]

高級職校[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 縦貫線 田中駅
鉄道 高速鉄道 彰化駅 (計画中)

観光[編集]

田中老街・垂慶堂

出典[編集]

  1. ^ 「州、廳ノ位置、管轄區域及郡市ノ名稱、位置、管轄區域」大正九年八月十日、臺灣總督府令第四十七號

外部リンク[編集]