鳩ヶ谷藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鳩ヶ谷藩(はとがやはん)は、武蔵国(現在の埼玉県川口市)に存在したのひとつである。

概要と藩史[編集]

小田原征伐後、関東に入部した徳川家康は、譜代の家臣・阿部正勝に鳩ヶ谷で5000石を与えた。慶長5年(1600年)4月、正勝は大坂で死去し、後を子の阿部正次が継いだ。正次は関ヶ原の戦いで戦功を挙げたため、相模国内に5000石を与えられ、父の遺領と併せて1万石の所領を領して諸侯に列し、ここに鳩ヶ谷藩を立藩した。その後、大番頭、伏見城番などを歴任し、大坂の陣でも戦功を挙げた正次は3万石にまで加増され、元和3年(1617年)9月には上総国大多喜藩へ移され、ここに鳩ヶ谷藩は廃藩。天領となった。

鳩ヶ谷は鎌倉街道の要衝であり、関ヶ原で会津征伐に赴く家康・徳川秀忠父子も一泊しているほどである。

歴代藩主[編集]

阿部(あべ)家[編集]

譜代。1万石→1万5000石→2万2000石→3万石。

  1. 阿部正次(まさつぐ)

関連項目[編集]