面霊気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「面霊気」

面霊気(めんれいき)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪の一つで、の妖怪。

解説文では「聖徳太子の時、秦の川勝(かわかつ)あまたの仮面を製しよし。かく生けるがごとくなるは、川勝のたくめる仮面にやあらんと、夢心におもひぬ。」とある。世阿弥によるの理論書『風姿花伝』では、太子に仕えた猿楽の祖・泰河勝が太子の作による面を与えられたとあり、面霊気はこの逸話をもとに描かれたといわれている[1]

優れた面が古くなって魂を宿した付喪神(器物が変化した妖怪)であり、持ち主に対して大切に扱ってくれるよう頼むとする説もある[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、329頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、303頁。ISBN 978-4-915146-44-2

関連項目[編集]