青木泰二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青木泰二郎 
Taijiro Aoki
所属組織 大日本帝国海軍
軍歴 1910-1945
最終階級 大佐
テンプレートを表示

青木 泰二郎(あおき たいじろう、生年不詳 - 1962年昭和37年))は、日本の海軍軍人。ミッドウェー海戦で撃沈された空母・「赤城」の艦長として知られる海軍大佐である。

概要[編集]

海軍兵学校(41期)を1913年(大正2年)12月に卒業。同期生に草鹿龍之介木村昌福田中頼三らがいる。1937年(昭和12年)12月、大佐へ昇進。水上機母艦・「瑞穂」艦長、横須賀海軍航空隊予科練部長を経て、土浦海軍航空隊司令として太平洋戦争を迎える。

1942年(昭和17年)4月25日に「赤城」艦長に就任。しかし就任2ヶ月に満たない同年6月5日、ミッドウェー海戦において「赤城」は被弾・炎上。青木は沈没まで指揮をとり、乗組員の退艦を図った。帰国後7月14日付けで予備役に編入されたが、召集を受け海南警備府附となる。その後は海口海軍航空隊佐世保海軍航空隊元山海軍航空隊の各司令を勤めた。元山空で終戦を迎えた時、青木は内地に飛行機で戻り、残された隊員たちはソ連軍の捕虜となりシベリアに抑留された。このことから青木の行動を「敵前逃亡」と非難する元部下もいる[1]

なお、青木は筑波大学教授・青木彰(海兵75期)の父である[2]

脚注[編集]

  1. ^ 渡辺洋二『戦雲の果てで』
  2. ^ 『司馬遼太郎からの手紙』「ミッドウェーの艦長」

参考文献[編集]

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房
  • 『司馬遼太郎からの手紙』朝日新聞社
  • 渡辺洋二『戦雲の果てで』光人社NF文庫、2012年 ISBN 978-4769827535