陰山山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陰山山脈(In Mongolia: Mony Uul、いんざん[インシャン]さんみゃく)とは、中国北部の内モンゴル自治区(一部は河北省)にある山脈である。

概要[編集]

黄河屈曲部北端の北側に、黄河に沿って東西に走る。南側に急峻な断層崖があり北斜面は緩い傾動地塊である。北側はゴビ砂漠に続く山脈でハンギン後旗狼山から始まり、東西1200km、南北の幅50km~100kmにわたる。山脈の平均標高は1500mから2300mである。

地理[編集]

最高峰は、狼山西部にある呼和巴什格山の標高2364m土默特右旗東北部に位置する大青山は標高2338mで、爾騰山烏拉山灰騰梁山大馬群山蘇木山樺山などの山がある。

農業[編集]

南側の平野は比較的降水が多く農業が行われている。

主要な自治区[編集]