阿里山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯23度31分 東経120度48分 / 北緯23.517度 東経120.800度 / 23.517; 120.800

阿里山からの雲海 (Photo by Michael Cannings)

阿里山国家風景区(ありさんこっかふうけいく、阿里山國家風景區, 拼音: Ālǐshān guójiā fēngjǐng qū)とは、台湾嘉義県にある15の山々から成る国家風景区(国定公園)である。

最高峰は大塔山の2663m。面積は約32700ヘクタールで、その内1400ヘクタールが「阿里山国家森林遊楽区」に指定されており、日の出・夕霞・雲海・鉄道・神木の「五大奇観」が有名である。また、3・4月にはが満開となり「桜の名所」としても名高い。

戦前の日本統治下、1934年に隣接する玉山とともに、新高阿里山国立公園として日本の国立公園に指定されていた。

阿里山の森林が初めて日本人に発見されたのは1900年のことで、1904年から林学博士である琴山河合(河合鈰太郎)により調査が始められた。

植物は、熱帯暖帯温帯の植物が見られる。1800m以上になると樹齢1000年を超えるタイワンヒノキ中国語: 紅檜)が多く自生しており、靖国神社神門橿原神宮の神門と外拝殿東大寺大仏殿垂木など、日本の多くの神社仏閣に阿里山のタイワンヒノキが使われている。さらに明治神宮の一代目大鳥居にも使われていたが、1966年7月22日の落雷で破損し、現在大宮氷川神社の二の鳥居として移築された。

主な名所[編集]

阿里山の桜
  • 日の出
台湾最高峰の玉山山系から顔を出す日の出は息をのむ美しさと言われている。
祝山からの鑑賞が一般的だが、小笠原山にも展望台がある。
  • 神木
1906年、日本の技師小笠原富次郎が3000年以上の巨大なタイワンヒノキを発見した。
樹齢3000年を誇る「阿里山神木」であったが腐敗が進んでおり、1998年6月29日に切り倒された。
2006年に「二代目神木」を選考していた。選考の結果二代目は「阿里山香林神木」となった。
  • 森林鉄道
阿里山森林鉄路は、海抜2500メートルの登山鉄道として有名。
  • 姐妹潭
大小ふたつの高山湖。姐(姉の意味)潭は面積160坪、妹潭が面積20坪。
  • 慈雲寺
日本統治時代に曹洞宗阿里山寺として創建され、戦後改名された。

気候[編集]

  • 気温は、
山麓:夏24度、冬16度
中腹:夏19度、冬12度
山頂付近:夏14度、冬5度

交通[編集]

台鉄嘉義駅からバス(台湾好行 阿里山ラインB):片道250元(2時間半)
  台鉄嘉義駅
   6:10/7:40/8:10/8:40/9:10/10:10/10:40/11:10/12:10/14:10(2013年6月現在)
  阿里山発
   9:10/11:10/12:10/12:40/13:10/14:10/15:10/15:40/16:10/17:10(2013年6月現在)
(運休中)台鉄嘉義駅から阿里山森林鉄路阿里山線(3時間半)
高鉄嘉義駅(3番バス停)からバス(台湾好行 阿里山ラインA):片道290元(2時間半)
  高鉄嘉義駅
   10:10/11:40(2013年6月現在)
  阿里山発
   14:40/16:40(2013年6月現在)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]