金潤玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金潤玉
MrsBush&Yoon-ok 2008-Aug-6.jpg
ローラ・ブッシュとともに(2008年4月)
各種表記
ハングル 김윤옥
漢字 金潤玉
発音: キム・ユンオク
ローマ字 Kim Yoon-ok
テンプレートを表示

金 潤玉(キム・ユンオク、1947年3月26日 - )は、大韓民国の第17代大統領李明博の妻で、大韓民国ファーストレディである。

大邱広域市の建設会社を経営する家庭に、3男3女の3女として生まれる。夫の李明博とは、梨花女子大学校保健教育科在学中に、1番上の兄と李明博の高校時代の恩師の紹介で知り合った。1970年に大学を卒業し、同年12月19日に家族の反対を押し切って、当時現代建設の理事だった李明博と婚約(この日は李明博の誕生日でもある)、夫との間に1男3女をもうけた。趣味は料理

2011年に済州世界7大自然景観選定汎国民推進委員会名誉委員長となる。

エピソード[編集]

  • 夫がソウル市長選挙に出馬した当時、選挙期間中に「(夫に)隠し子がいる」という疑惑が浮上した事があり、その事をマスコミに質問された際、「いたら連れてきなさいよ。忙しいから手伝ってもらうわ」と切り返した。[要出典]
  • 夫が「家庭内野党」と揶揄するほど、厳しい意見を述べる事も多い。[要出典]