金明元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金 明元 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キム・ミョンウォン
ラテン文字 Myong-Won KIM
基本情報
国籍 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
生年月日 1983年7月15日(30歳)
出身地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 平壌
身長 180cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム モンゴル国の旗 FCウランバートル
ポジション FW
背番号 7
利き足 右足
代表歴2
2003- 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 9 (0)
2. 2010年5月4日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

金 明元(キム・ミョンウォン、Myong-Won KIM1983年7月15日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国平壌出身のサッカー選手。ポジションはFW

略歴・人物[編集]

2003年に鴨緑江体育団でキャリアをスタートさせて以降、鴨緑江体育団一筋でプレーするストライカー。2010 FIFAワールドカップのアジア予選では、鄭大世とともに北朝鮮代表のFWとして活躍し、北朝鮮を本大会出場に導いた。

本大会では、ゴールキーパーとしてエントリーメンバーに登録された。これは、規定によりFIFA管轄の大会ではGKを3人登録することが義務付けられていることに対し、フィールドプレーヤーをGKとして登録することで攻撃の駒を1人増やそうとする北朝鮮の策だった。ところがFIFAは同じ規定の中で、「GKで登録された選手はGKとしてしか出場出来ない」とも定めており、金はこの登録ミスによって、本大会ではGKとしての出場のみ許される事態となった[1]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]