資本主義・社会主義・民主主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

資本主義・社会主義・民主主義』(Capitalism, Socialism and Democracy)とは1942年ヨーゼフ・シュンペーターによって発表された民主主義研究の著作である。

概要[編集]

1883年オーストリアで生まれた経済学者のシュンペーターは財務大臣を経験し、本書において資本主義の発展が不可避的に社会主義への移行をもたらし、そして民主主義の本質についての議論を展開している。

18世紀の古典的な民主主義の理論は人民の意志によって公益を実現しようとしたものであったが、シュンペーターによれば人民の意志の概念や公益の概念は疑わしいものであるだけでなく、大衆化した人民が責任感や判断力が低下する傾向がある。このような民主主義理論の問題を解決するためにシュンペーターは新しい民主主義理論を提唱する。従来の民主主義は政治決断に力点があったが、新しい民主主義は代表の選出に力点がある。したがって民主主義とは主導権を求める候補者たちによる政治闘争であり、議会の役割は政府の存続を決定する。つまり民主主義は一つの政治的方法であり、立法や行政における制度的枠組みである。この民主主義が機能するためには政治家の高度な資質、政治決断の有効範囲の限定、官僚制の確立、国民の民主的自制の四つの条件が必要であると指摘する。

シュンペーターの民主主義の理論の特徴は政治体制の民主的性格を明確化したことであり、つまり自由や平等という理念ではなく、代表を選出する選挙という制度として定義したことである。しかしこのような「競争的民主主義」の理論は参加民主主義英語版熟議民主主義英語版の立場から批判されるものでもある。

参考文献[編集]

  • シュンペーター、中山伊知郎・東畑精一訳『資本主義・社会主義・民主主義』(東洋経済新報社、1995年)