誠友会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
誠友会
組織の概要
設立年: 1963年
設立者: 長岡宗一
本部: 北海道札幌市中央区
首領: 渡部隆
構成員数: 約800名〔2007年時点〕
上部団体: Yamabishi.svg 山口組

誠友会せいゆうかい[要出典])は、北海道に本部を置く暴力団で、指定暴力団山口組の二次団体[1]。北海道内最大規模の暴力団[2]

歴史[編集]

長岡宗一石間春夫、ならびに谷内二三男が『北海道同志会』を結成し、長岡がその会長に就任。これが1963年のことで、この組織を起源としている。 1989年には稲川会の系列組織といわゆる『カチコミ』の応酬を行う抗争事件(→札幌抗争を起こした[3]。更にその翌1990年には、共政会系の組員によって総長の石間春夫が射殺されるという事件があった[4](いわゆる『札幌事件[5]

情勢[編集]

本部の所在地は札幌市中央区[2]南7条西6-2-1[要出典]。構成員の総数は、1989年頃に460北海道警察調べ)[6]、2007年におよそ800[2]と報告されている。

歴代[編集]

  • 北海道同志会:長岡宗一
  • 誠友会
    • 初代:石間春夫
    • 二代目:田村武志 ― 2001年に死去[7]肝臓病からの死であった。
    • 三代目:船木一治 1944年生。田村武志の片腕として長年活動。2013年死去。[7] 2001年12月に山口組の直参(二次団体首領)となった。[8]
    • 四代目:渡辺隆

最高幹部[編集]

  • 会長・渡部隆
  • 最高顧問・小仲賢亮(小仲組組長)
  • 舍弟頭・田村一夫(二代目田村組組長)
  • 顧問・白川昌幸(白川組組長)
  • 会長補佐
    • 佐藤秀文(秀心会会長)
    • 菊地昇治(菊心会会長)
    • 秋田勝司(秋田組組長)
    • 山崎孝(二代目春誠会会長)
    • 高尾兆二(高尾組組長)
  • 舍弟頭補佐
    • 川口將吾組長
    • 平川慶一組長
    • 鈴木尚武組長
    • 西村貢組長
    • 島田耕平組長
  • 本部長・高橋哲雄(高橋組組長)
  • 秘書長・長谷部宏之(長谷部組組長)
  • 若頭補佐
    • 金澤雅典(金澤組組長)
    • 柏原勝德(柏原会会長)
    • 青木毅(青木(毅)組組長)
    • 藤森孝幸(藤森組組長)
    • 薄田豊美(薄田会会長)
    • 西原修司(西原会会長)
若中
  • 宮本正英(二代目小仲組組長)
  • 西里和樹(二代目平川組長)
  • 北川靖典(二代目束田会会長)
  • 千富士夫(秀心会副会長千組組長)

直系組織[編集]

  • 渡部会 - 北海道苫小牧市
  • 二代目田村組 - 北海道
  • 二代目山勝会 - 北海道
  • 二代目小仲組 - 北海道
  • 山闘連合 - 北海道
  • 二代目春誠会 - 北海道
  • 田竜会 - 北海道
  • 薄田会 - 北海道稚内市
  • 二代目西村会 - 北海道室蘭市
  • 長谷部組 - 北海道
  • 金澤組 - 北海道
  • 柏原会 - 北海道
  • 白川組 - 北海道
  • 伊賀組 - 北海道登別市
  • 平川組 - 北海道
  • 秀心会 - 北海道
  • 藤森組 - 北海道
  • 工藤組 - 北海道
  • 二代目束田会 - 北海道
  • 柴山組 - 北海道
  • 山弘組 - 北海道
  • 星川組 - 北海道
  • 渡辺組 - 北海道
  • 一豊組 - 北海道稚内市
  • 秋房組 - 北海道稚内市

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 六代目山口組完全データBOOK 2008年版:『六代目山口組直系若衆:他都道府県若中』 (p.3) 2009年2月1日 ISBN 978-4-86201-358-3 メディアックス
  2. ^ a b c 『振り込め詐欺容疑、札幌の山口組系暴力団事務所など捜索』 2007年6月12日 読売新聞
  3. ^ 山口組ドキュメント 五代目山口組:『山口組抗争史年表:1989』 (p.272),1990年,溝口敦ISBN 4-380-90223-4三一書房
  4. ^ 山口組ドキュメント 五代目山口組:『山口組抗争史年表:1990』 (p.273),1990年,溝口敦ISBN 4-380-90223-4三一書房
  5. ^ 山口組ドキュメント 五代目山口組:『合理化する山口組:八王子事件と札幌事件〜平和主義と攻勢』 (p.243-249),1990年,溝口敦ISBN 4-380-90223-4三一書房
  6. ^ 飯干晃一『ネオ山口組の野望』角川書店<角川文庫>、1994年、ISBN 4-04-146436-6のP.203
  7. ^ a b 実話時報 2012年3月号:『六代目山口組<大検証>「武」と「智」:六代目山口組「直系組長85人」:船木一治』 (特別付録) 2012年2月14日 竹書房
  8. ^ 六代目山口組完全データBOOK 2008年版:『六代目山口組全直参88人完全データ』 (p.7) 2009年2月1日 ISBN 978-4-86201-358-3 メディアックス