観音寺 (米原市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
観音寺
Hon-dō of Kannon-ji in Maibara.jpg
本堂
所在地 滋賀県米原市朝日1342
位置 北緯35度23分21.5秒 東経136度20分16.2秒 / 北緯35.389306度 東経136.337833度 / 35.389306; 136.337833座標: 北緯35度23分21.5秒 東経136度20分16.2秒 / 北緯35.389306度 東経136.337833度 / 35.389306; 136.337833
山号 伊富貴山
宗派 天台宗
本尊 十一面千手観音
創建年 仁寿年間(851年 - 854年
開基 三修
正式名 伊富貴山 観音護国寺
別称 大原観音寺
札所等 近江西国三十三箇所12番
文化財 本堂・鐘楼ほか(重要文化財)
テンプレートを表示

観音寺(かんのんじ)は、滋賀県米原市にある天台宗寺院。山号は伊富貴山。本尊は十一面千手観音。通称:大原観音寺

歴史[編集]

仁寿年間(851年 - 854年)、三修によって創建された。もとは伊吹山四大護国寺として法相宗に属していたが、弘和永徳)3年(1383年)に天台宗に改めた。

長浜城主の羽柴秀吉が鷹狩りで立ち寄った際、寺の小僧をしていた石田三成を「三碗の才」で見出したことで有名。

文化財[編集]

  • 重要文化財
    • 本堂
    • 鐘楼
    • 惣門
    • 木造伝教大師坐像

関連項目[編集]

外部リンク[編集]