菅野誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

菅野 誠一(すがの せいいち、1939年12月17日 - 2010年8月29日)は、日本の合気道家北海道小樽市出身。

1957年に合気会に入会し、その翌年より植芝盛平の内弟子となった。1965年、植芝の命によりオーストラリアへと渡り、合気道の指導を始めた。15年ほどオーストラリアを中心に指導を行い、その後ベルギールクセンブルクフランスなどのヨーロッパ国内での指導に当たった。

1988年よりはニューヨークへと移住し、ニューヨーク合気会山田嘉光とともに師範として普及に努めた。2003年に左足を切断する手術を受けたが、その後も義足を使用して合気道を続けた。

2010年8月29日、70歳で亡くなっている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上達への道 【28】折れない心”. 合気道 八千代円明会. 2011年2月10日閲覧。