英国コンピュータ協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
英国コンピュータ協会
British Computer Society
団体種類 職能団体学術団体
設立 1957年
起源 London Computer Group
主要人物 ケント公爵エドワード王子(後援者)
活動地域 イギリスおよび世界各地
主眼 情報通信技術 (ICT)
活動内容 資格認定、業界標準策定、各種会議開催、ICT教育関連の出版・統制
会員数 70,000人以上
標語 Enabling the information society(情報化社会の実現)
ウェブサイト www.bcs.org
テンプレートを表示

英国コンピュータ協会: British Computer Society、BCS)は、イギリス(および海外)での情報技術活動を代表する職能団体学術団体である。英国コンピュータ学会とも。1957年創設。2009年に BCS — The Chartered Institute for IT とブランド名を変更したが、正式名称は変更されていない[1]

概要[編集]

100カ国以上に7万人を越える会員がいる。慈善団体として登録されており、1984年に勅許 (Royal Charter) により法人化された。通信技術およびコンピュータ技術の研究と応用を促進し、専門家や一般人の利益のためにICT教育の知識を進展させることを目的としている。

BCSは Engineering Council に加盟しており、イギリスにおけるICTおよび計算機科学の統制に責任を負う。また、CEPIS (Council of European Professional Informatics Societies) にも加盟している。Science Council にも加盟しており、公認科学者 (Chartered Scientist) の認定も行うことができる。

ロンドンコヴェント・ガーデンの南部にオフィスがある。本部はロンドン西部のスウィンドンウィルトシャー)にある。スリランカにもオフィスがある。

会員には季刊のIT専門誌 ITNOW(以前の誌名は The Computer Bulletin)が送られている。

歴史[編集]

1956年、BCSの前身である "London Computer Group" (LCG) が創設された。BCSは翌年、科学者らの非公式の集まりがLCGに合流する形で形成された。1957年10月、定款を定めて法人化し "The British Computer Society Ltd" となった。初代会長はモーリス・ウィルクスである。

1966年、慈善団体として登録され、1970年には盾と冠を含む紋章が与えられた。

BCSの後援者はケント公爵エドワード王子である。1976年12月に後援者となり、様々な活動に活発に関与している。

2009年9月21日、機構改革が行われ、"BCS — The Chartered Institute for IT" へのブランド変更がなされた[1]。2010年にはBCSの今後の方向性を議論する臨時総会が開催された[2][3][4][5]

運営[編集]

BCSは、会長、会長代理、前会長、最大9人の副会長、諮問委員会が選んだ専門家5名から成る理事会で運営される。会長、会長代理、副会長は、前会長と5人の委員による諮問委員会によって選ばれる。

諮問委員会はBCSの方向性や運営について理事会に助言を行い、特に戦略計画と予算の策定に関与する。諮問委員は会員から直接選挙で選ばれる。

公認ITプロフェッショナル[編集]

BCSはイギリスで唯一ITプロフェッショナルを認定できる職能団体であり、枢密院からその権利を与えられている[6]。したがって、フェローやプロフェッショナル会員に「公認」(Chartered) の認定を行うことができる。それが公認ITプロフェッショナル (Chartered IT Professional) であり、名前の後ろに CITP と付与することで資格を持っていることを示す[7]

会員[編集]

BCSの会員は何段階かに分けられている。

名誉会員
  • 特別フェロー (DFBCS) - 1971年以来、24人しか与えられていない[8]
プロフェッショナル会員
  • フェロー (FBCS)
  • 正会員 (MBCS)
一般会員
  • 準会員 (AMBCS)
  • 学生会員
グループメンバーシップなど
  • アフィリエイト - ITに興味を持っているが、IT関連の職についていない人
  • グループメンバーシップ - 組織や企業がBCSにグループとして参加し、その組織内のIT専門家が会員になる。200ほどの組織が参加している。[9]
  • 教育アフィリエイト - 教育機関がBCSに参加する仕組み[10]

資格認定[編集]

BCSはコンピュータ利用者やITプロフェッショナルのための様々な資格認定を行っている。

BCS Higher Education Qualifications[編集]

イギリス以外の国でもこの資格認定を行っている。従来は BCS Professional Examinations と呼ばれていた。次のようなレベルがある[11]

  • Certificate in IT - 大学1年生レベル。合格すると準会員 (AMBCS) になれる。
  • Diploma in IT - 大学2年生レベル。合格し、IT系の職に3年間就くと正会員 (MBCS) になれる。
  • Professional Graduate Diploma in IT - 大学卒レベル。合格し、IT系の職に2年間就くと正会員 (MBCS) になれる。

その他の資格認定[編集]

Professional Certification (ISEB)
管理・開発・サービスデリバリ・品質保証など様々な分野のIT専門家のための資格体系であり、これを極めていくと「公認ITプロフェッショナル」となる[12]
ヨーロッパコンピュータドライビングライセンス (ECDL)
国際的なコンピュータ・リテラシー検定。BCSはイギリスでのECDL認定を行っている。
上級ECDL
4つのセクションがあり、全セクションで合格すると "ECDL Expert" と認定され、イギリスではBCSの準会員 (AMBCS) になることもできる。

組織[編集]

多くの職能団体と同様、BCSには各地に支部があり、専門家のグループがある。2012年現在、イギリス国内に45の支部[13]、海外に14の支部[14]、50以上の専門家グループがある[15]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Bailey, Dave (21 September 2009). “BCS becomes The Chartered Institute for IT”. Computing (British Computer Society). http://www.computing.co.uk/ctg/news/1828171/bcs-the-chartered-institute-it 2011年3月9日閲覧。. 
  2. ^ Goodwin, Bill (2010年4月14日). “The EGM debate: BCS v Len Keighley”. Computer Weekly. http://www.computerweekly.com/blogs/read-all-about-it/2010/04/the-egm-debate-bcs-v-len-keigh.html 2011年3月9日閲覧。 
  3. ^ Cooter, Maxwell (4 June 2010). “BCS membership fights over direction”. Network World. http://www.networkworld.com/news/2010/060410-bcs-membership-fights-over.html 2011年3月9日閲覧。. 
  4. ^ Phipps, Simon (18 June 2010). “BCS EGM: It's Time To Vote For Transparency”. Computerworld UK. http://www.computerworlduk.com/community/blogs/index.cfm?blogid=41&entryid=3026 2011年3月9日閲覧。. 
  5. ^ Oates, John (21 June 2010.). “BCS trustee threatens rebels with libel action”. The Register. 2011年3月9日閲覧。
  6. ^ Chartered IT Professional (CITP)”. British Computer Society. 2011年3月9日閲覧。
  7. ^ Burgess, Fiona (2008年5月18日). “Chartered IT Professional (CITP)”. 2011年3月9日閲覧。
  8. ^ “BCS Distinguished Fellow awarded to Scott McNealy” (プレスリリース), British Computer Society, (2007年11月15日), http://www.bcs.org/content/ConWebDoc/15881 2011年3月9日閲覧。 
  9. ^ Join the industry body for IT professionals”. British Computer Society. 2011年3月9日閲覧。
  10. ^ Education Affiliates”. British Computer Society. 2011年3月9日閲覧。
  11. ^ Higher Education Qualifications”. British Computer Society. 2012年10月11日閲覧。
  12. ^ ISEB Qualifications”. British Computer Society. 2011年3月9日閲覧。
  13. ^ Regional branches
  14. ^ International sections
  15. ^ Specialist groups

外部リンク[編集]