スウィンドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯51度34分 西経1度47分 / 北緯51.56度 西経1.78度 / 51.56; -1.78

スウィンドン
英語: Swindon
イングランドの旗
Swindon town centre, taken from Radnor Street Cemetery, Spring 2012.jpg
Swindon town centre from Radnor Street Cemetery
スウィンドンの位置
スウィンドン

 ウィルトシャーにおけるスウィンドンの位置
人口 209,000人 (2011 Census)[1]
英式座標 SU152842
    - ロンドン  81マイル (130 km) 
単一自治体 Borough of Swindon
セレモニアル
カウンティ
ウィルトシャー
リージョン サウス・ウェスト
構成国 イングランドの旗 イングランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域 SWINDON
郵便番号 SN1-6, SN25, SN26
市外局番 01793
警察 ウィルトシャー
消防 ウィルトシャー
救急医療 グレート・ウェスタン
欧州議会 サウス・ウェスト・イングランド
イギリス議会 North Swindon
South Swindon
都市一覧: イギリス • イングランド • ウィルトシャー
Swindon-view crop.jpg
マジックラウンドアバウトの標識
マジックラウンドアバウトの地図
Swindon Shopping Centre

スウィンドン(Swindon)は、イングランドウィルトシャーの北東に位置し、ロンドンから西に鉄道または高速道路M4を使って車で約1時間ほどの位置にある人口約18万人(2001年統計)の工業タウン。行政的には、バラ・オブ・スウィンドンに属している。

市内を横切るグレート・ウェスタン鉄道を中心に栄え、世界大戦中には現在ホンダの工場がある場所にあった飛行場が活躍した。Honda of The UK MFG LTDがあり2005年まで日本でも売られていたシビックType Rが作られていた。

他にモトローラの工場もあり、以前はローバーの工場があったが、今は撤退している。また現地では世界にも数箇所しかない、ラウンドアバウトロータリー交差点の一種)が6つ連なってできたマジック・ラウンドアバウトがあることで有名。1990年代にモンデックス電子マネーの大々的な実証実験が行われた地域であることでも知られている[2] [3]

ホンダの工場があるため、日本人も数百人住んでおり、スタントンハウスホテルという昔の領事館を改造して作られたホテルで日本食を食べたり買ったりもできる。街の中心街から徒歩10分ぐらいの所に昔の列車の車庫を改造した欧州最大規模(2006年現在)のアウトレットモールがあり、近年観光客を呼び寄せるために駅周辺を再開発する動きが見られる。

中心街を中心としたデザイナーズマンションの建設、郊外の住宅地の開発や国立病院の立替などが行われており、今後人口増加が予想される。ちなみに写真に写っているビルは、1995年頃に立てられた州内で一番高い建物であり、下はデパートなどが入るショッピングモールになっており、上層階はオフィスと住居になっている。

スポーツ[編集]

スウィンドンを本拠地とするサッカークラブ。

姉妹都市[編集]

出身人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011 Census summary p15 Accessed 16 July 2012
  2. ^ http://www.028028.com/mondex.htm
  3. ^ http://www.hitachi.co.jp/Sp/TJ/1997/hrnjan97/hrn0108j.htm

外部リンク[編集]