臭化ニッケル(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
臭化ニッケル(II)
Nickel(II) bromide
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 13462-88-9 チェック
PubChem 278492
特性
化学式 NiBr2
モル質量 218.53 g/mol
外観 黄色の結晶
匂い 無臭
密度 5.098 g/cm3[1]
融点

963 ℃

への溶解度 エタノールに可溶
危険性
EU Index 未分類
主な危険性 刺激性、腐食性
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
1
0
引火点 不燃性
関連する物質
その他の陰イオン フッ化ニッケル(II)
塩化ニッケル(II)
ヨウ化ニッケル(II)
その他の陽イオン 臭化コバルト(II)
臭化銅(II)
臭化パラジウム(II)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

臭化ニッケル(II)(しゅうかニッケル、: nickel(II) bromide)はニッケル臭化物で、化学式NiBr2で表される無機化合物。黄色ないし褐色の菱面体晶で、匂いはない。

性質[編集]

加熱したニッケルに臭素を反応させて生成する。吸湿性があり、エタノールに可溶。加水により、三水和物NiBr2・3H2Oとなる。有機ニッケル化合物の製造などに使用される。

脚注[編集]