フッ化ニッケル(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フッ化ニッケル(II)
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 10028-18-9
特性
化学式 NiF2
モル質量 96.69 g/mol
外観 黄色の固体
密度 4.72 g/cm3, 固体
融点

1450 °C

沸点

1750 °C

への溶解度 不溶
構造
結晶構造 ルチル
配位構造 ニッケル:正八面体
フッ素:平面三角形
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フッ化ニッケル(II)(フッかニッケル に、Nickel(II) fluoride)は、化学式がNiF2無機化合物である。多くのフッ化物と違い、空気中でも安定である。これは、モネルのようなニッケル合金のように表面に不動態を形成するためである。五フッ化塩素の合成の触媒に使われる。

塩化ニッケル(II)無水物をフッ素で350℃で処理することによって合成される[1]

NiCl2 + F2 → NiF2 + Cl2

溶融したNiF2フッ化カリウムとを反応させると緑色のK2[NiF4]を与える。この材料の構造は、いくつかの超伝導酸化材料と密接に関連する[2]

脚注[編集]

  1. ^ Priest, H. F. “Anhydrous Metal Fluorides” Inorganic Syntheses McGraw-Hill: New York, 1950; Vol. 3, pages 171-183.
  2. ^ Balz, D. "Über die Struktur des K2NiF4" Naturwissenschaften 1953, page 241.

外部リンク[編集]