義浄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
義浄
635年 - 713年
生地 斉州(山東省済南市
寺院 仏授記寺
著作 南海寄帰内法伝』、『大唐西域求法高僧伝

義淨(ぎじょう、635年貞観9年) - 713年先天2年))はの僧。

人物[編集]

俗姓は張、は文明、斉州(山東省済南市)の人である。幼くして出家し、15歳の時(649年(貞観23年))には西域行を志し、法顕玄奘の行跡を思慕していたという。

671年咸亨2年)、37歳で番禺県(広東省)を同志数十名とともに出発しようとしたが、余人は全て辞退したため、義淨一人、海路でインドへ渡り、鹿野苑祇園精舎を巡拝した。帰路も再び海路で、マレーインドネシアスマトラ島にあったシュリーヴィジャヤ王国の中心都市パレンバンなど)を経て、695年証聖元年)帰国。25年間に30余国を遊歴し、400部、50万頌のサンスクリットの経律論、金剛座、舎利300粒などを齎した。

武則天は、自ら洛陽の上東門外に出迎え、勅によって仏授記寺に迎え入れた。以後、仏典の漢訳を行う。訳経は国家事業として洛陽・長安の大寺や内道場で行なわれ、実叉難陀阿儞真那波崙らの西域渡来の僧が訳経を担当し、武則天自らが序を著した。漢訳された経典は56部230巻に及んだ。また、『南海寄帰内法伝』、『大唐西域求法高僧伝』を著す。両著とも、当時のインドや中国の仏教研究、あるいはインドや東南アジアの社会状況に関する貴重な史料となっている。

713年(先天2年)、79歳で亡くなった。法臘59。『宋高僧伝』巻1に伝あり。

参考文献[編集]

  • 『現代語訳南海寄帰内法伝 七世紀インド仏教僧伽の日常生活』(宮林昭彦・加藤栄司訳 法蔵館 2004年)
  • 伊藤丈・章輝玉訳、『大唐西域求法高僧伝』<現代語訳一切経1>、大東出版社、抄訳版

小説作品[編集]

  • 仁木英之 『義浄 異聞・南海高僧西征伝』 「別冊文藝春秋」(2010年3月号)より数回連載。
    • 改題 『海遊記 義浄西征伝』 文藝春秋、2011年9月刊。 

関連項目[編集]