紅茶キノコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紅茶キノコ

紅茶キノコ(こうちゃキノコ、: Чайный гриб)は、モンゴル原産で、シベリア[1]で伝統的に飲まれている発酵飲料。紅茶、もしくは緑茶砂糖を加え、そこに培地で栽培されたキノコにも見えるゲル状の塊を12日から14日ほど漬け込む事で発酵させる。

乳酸菌の一種であるラクトバチルス・アシドフィルス、消化酵素であるブロメリン、及びパパインを多く含み、消化器官全域にわたって毒素を中和し、免疫機能を高めると同時に、ビタミンB群の生産活動も確認されている。

一般に店頭で売られている紅茶キノコは完全に発酵されていない状態が多く、自宅で自ら発酵し作らない限り、乳酸菌と消化酵素の効能は期待できないとされる。

日本では昭和40年代末から50年代初頭にかけて、健康食品としてブームとなり、流行した。家庭で栽培できたことから、株分けにより口コミ的にも広まったが、ブームは『紅茶キノコ健康法』[2]の発行によるところが大きい。

欧米ではKombuchaと呼び、健康飲料として売られている。20世紀初頭に昆布茶と混同されたらしい。マンゴー味、ストロベリー味、ローズ・ヒップ味といった、欧米向けに加工されているものもある。

紅茶キノコの「きのこ」[編集]

実際は、産膜性酢酸菌コロニーが形成したセルロースゲルであり、真のキノコのような真菌子実体ではない。酵母Zygosaccharomyces sp.酢酸菌Acetobacter xylinumが主菌相であったことが報告されている[3]

バイオセルロースとして、研究開発も進んでいる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 紅茶きのこについて(第1報)-紅茶きのこの生育及び糖・酸・ビタミンCについて-Tea Fungus(1)伊藤輝子、鈴木和子、大石いと美 聖徳大学紀要8 pp.129-138
  2. ^ 中満須磨子 『紅茶キノコ健康法』 地産出版、1974年
  3. ^ Microbiology and fermentation balance in a kombucha beverage obtained from a tea fungus fermentation. SIEVERS M, LANINI C, WEBER A, SCHULER-SCHMID U, TEUBER M(ETH-Zuerich, Zuerich, CHE) W0168A System, Appl Microbiol (DEU) VOL.18,NO.4, PAGE.590-594 (1996)