第98親衛空挺師団 (ロシア空挺軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第98親衛空挺師団
創設 1944年5月3日
所属政体 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシアの旗 ロシア
所属組織 ロシア空挺軍
標語 名誉と祖国は、全てに勝る
Честь и Родина превыше всего
主な戦歴 第二次世界大戦
アフガニスタン侵攻
第1次チェチェン戦争
第2次チェチェン戦争
テンプレートを表示

第98親衛空挺師団'(98-я гвардейская воздушно-десантная дивизия;略称98 гв.ВДД)は、ロシア空挺軍の師団の1つ。イワノヴォに駐屯。「赤旗勲章」、「クトゥーゾフ二等勲章」、名誉称号「スヴィル」を有する。


沿革[編集]

  • 1944年5月3日:独立親衛空挺旅団に基づき、師団編成。
  • 1944年6月:カレリア戦線に派遣。事後、南カレリアの解放に参加。
  • 1944年7月:スヴィル川渡河の功績に対して、「親衛スヴィル」の称号を授与。
  • 1945年3月:第3ウクライナ戦線第37空挺軍団の編成下において、バラトン湖ハンガリー)北方でドイツSS装甲師団「アドルフ・ヒトラー」を撃破。
  • 1945年4月26日:師団に対して、「戦闘赤旗勲章」授与。
  • 1945年5月:5月1日、オーストリア領内に進出。5月10日、チェコスロバキアのピルゼン市、グラデツ・クラエフ市地区において、アメリカ軍と会合。
  • 1945年6月:戦勝式典に参加。
  • 1945年5月~1946年1月:ハンガリー、キシュテレグ市に駐屯。
  • 1946年初め:モスクワ軍管区、ムーロム市に配置転換。
  • 1946年7月:沿海軍管区、モロトフ地区ポクロフカ村に移動。
  • 1951年6月:極東軍管区、アムール州ベロゴルスク市に配置転換。
  • 1968年2月:師団に対して、「クトゥーゾフ二等勲章」授与。
  • 1969年7月:極東軍管区軍事会議の持ち回り赤旗が、師団に永久保管。
  • 1969年:オデッサ軍管区、ベルグラド市に配置転換。
  • 1987年11月:名誉称号「大十月70周年」を授与(この称号は、ソ連軍全体で3部隊しか有していない)。
  • 1979~1989年:アフガニスタンでの戦闘行動に参加。
  • 1980年代末~1990年代初め:ザカフカーズ及び中央アジアにおいて、特殊任務遂行。
  • 1993年5月:ウクライナからロシア、イワノヴォ市に移転。
  • 1994年12月~1995年2月:第1次チェチェン戦争に投入。
  • 1995年5月:師団配下の第331親衛パラシュート降下連隊が、戦勝50周年式典の観閲式に参加(2000年にも参加)。
  • 1996年1月:師団に基づき、ロシア連邦平和維持軍独立空挺旅団が編成され、ボスニア・ヘルツェゴビナで平和維持任務を遂行。
  • 1998年7月:グルジアアブハジア紛争地帯において、平和維持任務を遂行。
  • 1999年5~7月:第331連隊第2大隊に基づき混成大隊が編成され、平和維持任務遂行のためコソボに派遣。
  • 1999年9月~2000年3月:第331連隊に基づき編成された混成連隊戦術群を第2次チェチェン戦争に投入。

編制[編集]

  • 第217親衛パラシュート降下連隊
  • 第331親衛パラシュート降下連隊
  • 第1065砲兵連隊
  • 第318独立高射ミサイル大隊
  • 第661独立工兵大隊
  • 第674独立通信大隊
  • 第15独立修理大隊
  • 第243独立軍事輸送航空飛行隊

歴代師団長[編集]

職名 就任年 氏名 階級
師団長 1944年 - 1944年 コンスタンチン・ヴィンドゥシェフ 親衛大佐
師団長 1944年 - 1946年 ワシーリー・ラリン 親衛少将
師団長 1946年 - 1950年 ミハイル・アリモフ 親衛少将
師団長 1950年 - 1952年 ワレーリー・サフチュク 親衛少将
師団長 1952年 - 1954年 ピョートル・リャボフ 親衛少将
師団長 1954年 - 1956年 イワン・ジェドフ 親衛大佐
師団長 1956年 - 1962年 アンドレイ・エヴダン 親衛少将
師団長 1962年 - 1962年 ミハイル・ソロキン 親衛少将
師団長 1962年 - 1966年 ドミトリー・スホルコエ 親衛少将
師団長 1966年 - 1967年 ニコライ・バラノフ 親衛少将
師団長 1967年 - 1973年 ゲンナジー・サモイレンコ 親衛少将
師団長 1973年 - 1977年 アレクセイ・ソコロフ 親衛少将
師団長 1977年 - 1982年 ヴィターリー・レベジェフ 親衛少将
師団長 1982年 - 1985年 オスワリダス・ピカウスカス 親衛少将
師団長 1985年 - 1989年 アレクサンドル・チンダロフ 親衛少将
師団長 1989年 - 1993年 ワレーリー・ヴォストロチン 親衛少将
師団長 1993年 - 1996年 アレクサンドル・ベスパロフ 親衛少将
師団長 1996年 - アレクサンドル・レンツォフ 親衛少将

外部リンク[編集]