第158合同任務部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第158合同任務部隊英語:Combined Task Force 158, CTF-158)は、ペルシア湾北部の海上石油採掘施設の警備と海上治安活動を行う多国籍艦隊合同海上部隊の下で2006年に編成された。

参加組織はアメリカ海軍アメリカ沿岸警備隊オーストラリア海軍イギリス海軍およびイラク海軍イラク海兵隊で、指揮は持ち回りとなっている。任務報告はバーレーンに所在する、多国籍海上構成司令部(Coalition Maritime Component Command)に対し行われる。

任務[編集]

任務は、国際連合安全保障理事会決議1723に基づきペルシア湾北部一帯にある石油関連施設やイラク領海での治安維持や警備のほか、イラク新政府海軍の開発・訓練の支援がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]