笑い男 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『笑い男』:The Laughing Man)とは、J・D・サリンジャー1949年3月『ザ・ニューヨーカー』誌上で発表した短編小説である。後にサリンジャーの代表作のひとつとなる短編集『ナイン・ストーリーズ』(1953年)に収められる。

内容[編集]

語り手が九歳だったころの回想として話が始まる。当時、ニューヨーク大の学生だったジョン・ゲザツキーという青年の引率する少年団「コマンチ団」に入っており、学校が終わる頃になると「団長」である青年が中古のバスで少年たちを迎えにやって来て、セントラルパークや博物館に連れて行ってくれるのである。団長は、ひどいはにかみ屋の優しい青年であるが、少年達からはとても慕われていた。その彼がコマンチ団も帰宅する時間が近づいて来る頃になるとバスの中で少年達に語ってくるのが『笑い男』である。『笑い男』とは裕福な家のひとり息子が、幼い頃に中国の山賊に連れ去られ、おぞましい顔にされてしまっていた青年のことで、彼は成長すると芥子の花びらで作った仮面をつけ、自らも山賊になって活躍するという話である。少年たちは毎日その話を心待ちにしていた。ある時、そのコマンチ団の前にひとりの若い女性が現れる。それは団長のガールフレンドであるが、少年たちは彼女を受け入れる。しかし、やがて団長である青年と女性の関係にも終わりの時がやって来る。

この青年が少年たちに話して聴かせる『笑い男』の話には、ヴィクトル・ユーゴーの小説『笑う男』(1869年)というモチーフが存在する。こちらは幼い頃に笑っているような奇妙な顔に変えられた青年が世の中の悪と戦うという話であり、青年は自らの容ぼうや境遇を『笑う男』に重ね合わせ、そこに独自の脚色を施した『笑い男』を作り出したのである。

本作に影響をうけた作品[編集]

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』作品の中で「笑い男事件」の犯人として笑い男が登場する。

日本語訳[編集]