硫化水素カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硫化水素カリウム
識別情報
CAS登録番号 1310-61-8 チェック
PubChem 102109
特性
化学式 HKS
モル質量 72.171 g/mol
外観 白色の固体
密度 1.68–1.70 g/cm3
融点

455 ℃

への溶解度 可溶
構造
結晶構造 斜方晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −265.10 kJ mol−1[1]
標準定圧モル比熱, Cpo 75.31 J mol−1K−1
危険性
EU Index 未分類
主な危険性 可燃性、悪臭、硫化水素の放出
関連する物質
その他の陰イオン 水酸化カリウム
その他の陽イオン 硫化水素ナトリウム
関連物質 硫化ナトリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硫化水素カリウム(りゅうかすいそカリウム、別名水硫化カリウム: Potassium hydrosulfide)は化学式HKSで表される無機化合物。陽イオンであるカリウムイオンK+と陰イオンである硫化水素イオン[SH]で構成され、過剰の硫化水素水酸化カリウムとの反応により合成される[2]有機硫黄化合物の合成などに用いられる[3]

KOH + H2S → KSH + H2O

アルカリ金属と硫化水素イオンにより構成される化合物は、硫化水素イオンの非対称性により複雑な構造を示すが、高温では塩化ナトリウム型構造と類似の構造となる[4]

水溶液は加水分解によりアルカリ性を示し、硫黄を溶解してポリ硫化物を生成する。

2 KSH + n S → K2Sn+1 + H2S

脚注[編集]

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ Kurzer, F. Lawson, A. “Thiobenzoylthioglycolic Acid” Organic Syntheses, Collected Volume 5, p.1046 (1973). [1]
  3. ^ Dittmer, D. C. “Potassium Hydrogen Sulfide” in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis (Ed: L. Paquette) 2004, J. Wiley & Sons, New York. doi: 10.1002/047084289.
  4. ^ Haarmann, F; Jacobs, H.; Roessler, E.; Senker, J. (2002). “Dynamics of Anions and Cations in Hydrogensulfides of Alkali Metals (NaHS, KHS, RbHS): A Proton Nuclear Magnetic Resonance Study”. Journal of Chemical Physics 117 (3): 1269–1276. doi:10.1063/1.1483860.