硫化水素ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硫化水素ナトリウム
識別情報
CAS登録番号 16721-80-5 チェック
207683-19-0 (hydrate)
PubChem 28015
ChemSpider 26058 チェック
UNII FWU2KQ177W チェック
EINECS 240-778-0
RTECS番号 WE1900000
特性
化学式 NaSH
モル質量 56.063 g/mol
外観 灰白色固体、潮解性
密度 1.79 g/cm3
融点

52 °C, 325 K, 126 °F

沸点

160 °C, 433 K, 320 °F

危険性
MSDS TDC MSDS
EU Index Toxic
主な危険性 可燃性固体
悪臭
硫化水素を放出
Rフレーズ R17 R23 R24 R25
引火点 90 °C, 363 K
関連する物質
その他の陰イオン 水酸化ナトリウム
ナトリウムアミド
その他の陽イオン 硫化水素アンモニウム
関連物質 硫化ナトリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硫化水素ナトリウム(りゅうかすいそナトリウム、sodium hydrogen sulfide、Sodium bisulfide)は組成式が NaSH(NaHSとされることもある) の無機化合物であり、水硫化ナトリウムや、水硫化ソーダとも呼ばれる。還元性、腐食性、強い潮解性があり、水、アルコールに可溶。空気中の酸素二酸化炭素によってチオ硫酸ナトリウム亜硫酸ナトリウム炭酸ナトリウムに分解する。また、との接触で硫化水素を発生し、水溶液の状態でも常時わずかずつであるが硫化水素を発生する。

合成[編集]

通常、実験室ではナトリウムメトキシド硫化水素から合成する。 [1]

NaOMe + H2S → NaSH + MeOH

NaSHの品質はヨウ素還元滴定によって分析され、SH-の力によってI2へ還元される。

出典[編集]

  1. ^ Eibeck, R. I. Sodium Hydrogen Sulfide" Inorganic Syntheses, volume 7, p 128-131, 1963. ISBN 978-0-88275-165-8.

外部リンク[編集]