石川馨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石川 馨(いしかわ かおる、1915年7月13日 - 1989年4月16日)は、日本化学工学者。工学博士。東京大学名誉教授、武蔵工業大学(現東京都市大学)元学長。

来歴・人物[編集]

東京都出身。 1928年東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1933年に同附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。附属中の同級生には、中村光夫(文芸評論家)、島田秀夫日本サッカー協会名誉会長)、小川平四郎(初代駐中国大使)などがいる。

日本の品質管理の父と賞され、QCサークル活動の生みの親。日本における品質管理、特にTQC(Total Quality Control、全社的品質管理)の先駆的指導者の一人である。

1962年、雑誌『現場とQC』(1973年に『FQC』、1988年に『QCサークル』と改称)を創刊。職場内で小グループをつくって自発的に品質管理活動を実践していくことを提唱し、この小グループを「QCサークル」と名づけた。

また、クレーム事項に関連する多数の要因をマッピングする手法のひとつ、特性要因図(cause and effect diagram、ishikawa diagram、fishbone diagram)を創案した。

「品質管理は教育に始まり教育に終わる」との名言を残している。

旧経済団体連合会(現日本経済団体連合会)初代会長の石川一郎は父。鹿島建設会長、日本商工会議所会頭の石川六郎は弟。

著作[編集]

  • 初等実験計画法テキスト(1968)
  • 日本的品質管理(1981)
  • 日本的品質管理 ― TQCとは何か(1984)
  • 誰にでもわかるTQCのはなし(1985)
  • 品質管理入門(1989)

関連項目[編集]