石のスープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石のスープポルトガル語: Sopa de pedra)は、

  1. ポルトガルに伝わる民話。そしてそのエピソードから、協力を集めるための呼び水比喩にも使われる。似た形の民話はヨーロッパ各地にあるが、北ヨーロッパでは石の代わりに東ヨーロッパではが使われている。
  2. アレンテージョ地方発祥の同名の伝統料理。

民話の概要[編集]

飢えた旅人(修道士とも)が集落にたどり着き、民家に食事を求めて立ち寄ったが、食べさせるものはないと断られてしまった。 一計を案じた旅人は、路傍のを拾うともう一度民家にかけ合った。「煮るとスープができる不思議な石を持っているのです。鍋と水だけでも貸してください」

興味を持った家人は旅人を招き入れた。旅人は石を煮始めると「この石はもう古くなっているので濃いスープになりません。を加えるとよりおいしくなるのですが」と説明した。家人は塩を持ってくる。

旅人は同じようにして、小麦野菜を持ってこさせた。 できあがったスープは見事な味に仕上がっていて、何も知らない家人は感激してしまった。旅人はスープのできる石を家人に預けると、また旅立っていった。

ヒュー・ロフティング作『ガブガブの本』(『ドリトル先生』シリーズのスピンオフ作品)では、ナポレオン1812年に行ったロシア侵攻に際してフランス軍の兵士が農家の婦人を騙した逸話として紹介されている。

アレンテージョの料理[編集]

石のスープ

石のスープ(ソパ・デ・ペドラ)は、具沢山のスープである。赤いんげん豆玉葱にんにくローリエにんじんじゃがいもソーセージショリッソまたはサルピカォン)がほぼ必ず入る他、セロリリーキさやいんげんトマトマカロニベーコン豚足燻製ハムパセリまたはコリアンダーリーフが入ることもある。現在ではアレンテージョのみならずポルトガル全国で親しまれている。