環式化合物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

環式化合物(かんしきかごうぶつ、cyclic compound)とは、主に有機化学において構成する原子が環状に結合した化合物のことである[1]。環式化合物には芳香族化合物であるものとそうでないものがある。一つの分子中に1より多くの環が存在する化合物は多環式化合物と呼ぶ。また、環を構成する原子数が12を越えるものは大員環化合物と呼ぶ。環を構成する原子炭素窒素酸素等)の数のことを環員数と言う[2][3]。例えば、ベンゼン環は6個の炭素で構成されているので6員環と呼ばれる。

分類[編集]

環式化合物は以下のように分類することができる:

閉環反応と開環反応[編集]

有機化学では、環を形成する反応を閉環反応(ring-closing reactions)、環を開く反応を開環反応(ring-opening reactions)と呼ぶ。

閉環反応の例

開環反応の例

出典[編集]

  1. ^ March, Jerry (1985). Advanced Organic Chemistry: Reactions, Mechanisms, and Structure (3rd ed.). New York: Wiley. ISBN 0-471-85472-7. 
  2. ^ http://www.wdic.org/w/SCI/%E7%92%B0%E5%93%A1%E6%95%B0
  3. ^ http://www1.bio.titech.ac.jp/webgp/rishu-annai/shushikatei/yuuki/20100401.pdf

関連項目[編集]

外部リンク[編集]