結合次数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

結合次数(けつごうじすう、Bond order)は原子ペア間の結合の数である。例えば窒素分子 N:::N の結合次数は3、アセチレン H:C:::C:HのC-C間の結合次数は3でH-C間のそれは1である。結合次数からはその結合の安定性が分かる。

結合次数は整数である必要はない。そのいい例が非局在化された6個のπ電子を含むベンゼン分子で、C-C間のπ結合は本質的に0.5となる。これにσ結合を合わせると1.5となる。さらに錯体では結合次数が1.1になることがあり、これは結合次数が1のものに類似していることを意味している。

分子軌道理論(MO理論)では、結合性電子の数と反結合性電子の数を区別して下のような公式を定義している。

B.O. = \frac{\text{number of bonding electrons} - \text{number of antibonding electrons}}{2}

また、結合次数は結合強さ(bond strength)の指標や原子価結合法(VB法)などで広く使われる。