琴古主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「琴古主」

琴古主(ことふるぬし)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪の一つで、付喪神(器物が変化した妖怪)[1]

概要[編集]

箏曲筑紫箏がすたれ、その曲の音色すら人々の心から忘れ去られてしまったとき、筑紫箏を奏でる琴が変化して妖怪となったものとされる。また室町時代の『百鬼夜行絵巻』にも琴の妖怪が描かれていることから、石燕はこれをもとに琴古主を描いたとの説もある[2]

また、琴古主は景行天皇時代の伝承によるものという、以下のような説もある。景行天皇の命により、家臣たちが佐賀県神埼郡南部のとある丘に宴の場を作った。天皇は宴の場に喜び、記念として琴を丘の上に置いた。すると琴は姿を変え、青々と茂るクスノキの木となった。それ以来、夜にこの木の付近を通ると、どこからともなく琴の音色が聞こえるようになり、いつしかその木は琴古主の名で呼ばれるようになったのだという[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、303頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、161-162頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 水木しげる 『水木しげるの妖怪百物語』 二見書房〈二見WAi WAi文庫〉、1999年、84-86頁。ISBN 978-4-576-99102-3

関連項目[編集]