琵琶牧々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「琵琶牧々」

琵琶牧々(びわぼくぼく)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪の一つで、琵琶の妖怪。

概要[編集]

琵琶が琵琶法師に変化した姿であり、付喪神(器物が変化した妖怪)の一種とされる[1]。体形は人間のようだが、頭部は琵琶であり、盲目の琵琶法師のように目を閉じて杖をついている。

順徳天皇自身の手による有職故実の解説書『禁秘抄』によれば、かつて「玄上(げんじょう)」と「牧馬(ぼくば)」という琵琶の名器があり、特に玄上の方は、内裏が焼失したときにひとりでに外へ飛び出したり、その音色に魅せられた鬼がこれを盗み出して、朱雀門から紐で吊り下ろしたといった不思議なことがあった。『百器徒然袋』の解説文によれば、石燕はこの玄上と牧馬が琵琶牧々に変化したと述べている[2]

また、石燕より以前、古くは室町時代の『百鬼夜行絵巻』に琵琶の妖怪が描かれていることから、石燕は『百鬼夜行絵巻』をもとに『百器徒然袋』の琵琶牧々を描いたとの説もある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、303頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  2. ^ 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、295頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  3. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、291頁。ISBN 978-4-620-31428-0

関連項目[編集]