三味長老

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「三味長老」

三味長老(しゃみちょうろう)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪。かつて名人に使われていた三味線が打ち捨てられ、妖怪化したものとされる[1]

『百器徒然袋』での石燕による三味長老の解説文では、「沙弥(しゃみ)から長老にはなられず」という、順序を踏まずに上位にはなれないことを意味する古いことわざが引き合いに出されていることから「「沙弥(しゃみ)」と「三味線(しゃみせん)」の言葉遊びによる創作物と考えられているが[2]沙弥とは出家してもまだ正式な僧侶になっていない男子を指し、長老とは当時の僧侶の最高峰である国師長老を指すことから、三味長老とは沙弥が長年の末に長老になるのと同じくらい歳月を経た三味線が付喪神(器物が変化した妖怪)となったものとの解釈もある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会1992年、296頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、184頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 水木しげる妖鬼化Softgarage2004年、95頁。ISBN 978-4-86133-016-2

関連項目[編集]