球体関節人形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

球体関節人形(きゅうたいかんせつにんぎょう)とは、関節部が球体によって形成されている人形の総称。その特徴から、自在なポーズを取らせることが可能である。

その作家として最も有名なのはハンス・ベルメールである。従来の球体関節人形をいったん分解してシュルレアリスティックに再構築した彼の作品が日本に紹介され、その美しさと妖しさが衝撃をもって受け入れられた。その影響から日本国内にこの種の人形を造形する作家が急増した。

素材は様々で、石粉粘土素焼きなどで造られる。またビスク・ドールのように眼球にガラスアクリル樹脂などのドールアイを用いる事がある。

2004年映画イノセンス』公開時、タイアップ企画として「球体関節人形展」が開催された。

日本の代表的な球体関節人形作家[編集]

五十音順

関連項目[編集]

iPadアプリ[編集]

大竹京が写真家山岸伸とコラボした作品をiPadで閲覧できるアプリが発売されている。 球体関節人形vol.1 球体関節人形vol.2