猫踏んじゃった

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
楽譜(変ト長調)

猫踏んじゃった(ねこふんじゃった)は、作曲者不詳、変ト長調または嬰ヘ長調の世界中で親しまれている曲。ピアノ独奏が基本だが、多数のアレンジやバリエーションが存在する。

楽譜♯か♭が6個も付く(大半の音を黒鍵で出す)ため、非常に複雑に見えるが、実際に弾いてみると単純である。そのためピアノを習う人が最初に練習する曲の一つである。また覚えやすいコミカルなメロディと知名度の高さから、「ピアノを習ったことはないが、この曲だけなら弾ける」という人も多い。

作曲[編集]

先述の通り、この曲は作曲者も発祥国も明らかになっていない。

一説によればフェルディナンド・ロー(Ferdinand Loh)だとされている。ドイツ版の曲名「ノミのワルツ(Flohwalzer)」は作曲者の略名(F. Loh)が誤記されたものから来ているというのである。ただし、フェルディナンド・ローなる人物は実在せず、最初にこの説を紹介した書籍の筆者によるジョークだとも言われている[1]

その他にも、ニコライもしくはアントン・ルビンシテインが作曲したという説や、山口保治が、ヨーロッパに伝わっていた2小節だけのピアノ練習曲をもとに、2小節以降の曲を付けたという説もある[要出典]

作詞[編集]

NHKみんなのうた』では阪田寛夫が作った歌詞が使われた。また、丘灯至夫1954年に作ったという別の歌詞も存在する[2]

なお、この曲は世界中で親しまれており、国や地域ごとに様々な歌詞や曲名が付けられている。

曲名[編集]

世界中で約28種類の曲名がつけられている。宮本ルミ子らによれば、曲名にネコが含まれているのは日本の他、台湾韓国ルーマニアブルガリア[3]フィンランドである。

  • ねこふんじゃった(日本)
  • ねこのマーチ(ブルガリア)
  • 猫の踊り(韓国)
  • 子猫之舞(台湾)
  • 黒猫のダンス(ルーマニア)
  • 猫のポルカ(フィンランド)
  • 犬のワルツ(ロシア)
  • 犬のポルカ(チリ)
  • 蚤(ノミ)のワルツ(ドイツ、ベルギー)
  • ノミのマーチ(オランダ、ルクセンブルク)
  • アヒルの子たち(キューバ)
  • 三羽の子アヒル(キューバ)
  • ロバのマーチ(ハンガリー)
  • お猿さん(メキシコ)
  • 豚のワルツ(スウェーデン)
  • トトトの歌(イギリス、アメリカ)
  • カツレツ(フランス)
  • チョコレート(スペイン)
  • 公爵夫人(デンマーク)
  • 三女の足(デンマーク)
  • 道化師ポルカ(アルゼンチン)
  • 追い出しポルカ(マジョルカ島)
  • 箸 -Chopsticks-[4](イギリス、アメリカ、カナダ、ハンガリー)
  • 黒のメロディー(ユーゴスラビア)
  • サーカスソング(イギリス、アメリカ、カナダ)
  • 泥棒行進曲(中国)

みんなのうた[編集]

みんなのうた
ねこふんじゃった
歌手 天地総子東京放送児童合唱団
作詞者 阪田寛夫
作曲者 不詳
編曲者 越部信義
映像 アニメーション
映像制作者 和田誠
初放送月 1966年10月11月
再放送月 2004年2月3月
2006年8月23日
2006年12月11日
2007年1月2日(以上 なつかし)
テンプレートを表示

『みんなのうた』では『ねこふんじゃった』というタイトルで、1966年10月に放送、歌は天地総子東京放送児童合唱団。映像はモノクロで、アニメーションは和田誠が担当した。

その後、2003年から始まった『なつかしのみんなのうた』の一環(最終作)として、2004年2月に38年振りの再放送となった。また衛星第2テレビでも、2006年8月23日・同年12月11日2007年1月2日の3回に渡って、『たのしいね』と共に放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ねこふんじゃったの作曲家
  2. ^ 作詞家・丘灯至夫さんが死去 「高校三年生」「ねこふんじゃった」”. オリコン (2009年11月24日). 2011年7月18日閲覧。
  3. ^ ねこふんじゃったの題名あれこれ
  4. ^ 人差し指で弾く技法より「箸」と呼ばれている。

関連項目[編集]

  • ピアノ曲
  • なつかしのみんなのうた
  • 応援歌 - 主にプロ野球で、対戦相手の打者がアウトになった際に、末尾部分(もしくはそのアレンジ)を守備側応援団が演奏する。ただし高校野球では現在では禁止されている(昔は演奏していた学校も少なからず存在した)。
  • 平吉毅州 - この「猫踏んじゃった」をもとに、「踏まれた猫の逆襲」という曲を作曲している。
  • 小原孝 - 「猫踏んじゃった」を即興的にどんどんアレンジしていく演奏スタイルで知られる。
  • にゃんこい! - テレビアニメ版の挿入歌に、「猫踏んじゃった」の変え歌である、「ねこ呼んじゃった」という楽曲が存在する。歌っているのは榊原ゆい
  • ドボチョン一家の幽霊旅行 - EDテーマ「ブルふんじゃったネコふんじゃった」(歌:二代目相模太郎)は本作のパロディ。
  • シティコネクション - プレイ中に登場する猫を撥ねると、このBGMが流れて1ミスになる。

外部リンク[編集]