狼と七匹の子山羊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

狼と七匹の子山羊(おおかみとしちひきのこやぎ、Der Wolf und die sieben jungen Geißlein)は、グリム童話の一編(KHM 5)。AT番号123 The Wolf and the Kids[1].

あらすじ[編集]

童話本の挿絵(19世紀末ドイツ)

ある所にお母さん山羊と7匹の子山羊が暮らしていた。ある日、お母さん山羊は街へ出かけることになり、子山羊たちに「誰が来ても、決してドアを開けてはいけませんよ」と注意して家を出た。

そこへがやって来るが、狼のがらがら声で「お母さんですよ」と言っても子山羊たちにはすぐに見破られてしまった。そこで狼は店でチョークを買い、それを頬張って声を変え再び子山羊たちの家へ。「お母さんですよ」と言うと、子山羊はドアの隙間から足を見せて欲しいと言うが、狼の足は真っ黒だったのでまたも見破られてしまう。

狼は次にパン屋で足を怪我したと言いながら小麦粉を足に塗りたくって真っ白にし、三たび子山羊たちの家へ。ドアの隙間から白い足を見た子山羊たちは大喜びでドアを開けるが、間一髪で柱時計の中に身を潜めた末っ子の山羊を除いて狼に丸呑みされてしまう。

子山羊を6匹も丸呑みにして腹一杯になった狼はそのまま眠りこけてしまう。そこへお母さん山羊が帰って来るが、末っ子から事の顛末を聞いたお母さん山羊は慌てずに眠りこけている狼の腹を鋏で切り裂いて子山羊たちを助け出す。そして、子山羊たちは狼の腹に石を詰め込んでお母さん山羊が縫い合わせた。

狼が目を覚ますとやけに腹が重くなり、上手く歩けなくなっていた。喉が渇いた狼は井戸で水を飲もうとするが、腹に詰め込まれた石の重さで井戸の底へ転落して死んでしまう。

備考[編集]

本作の日本での紹介は古く、グリム童話より前の原型が、イエズス会宣教師が持ち込んだ活版印刷機により、1593年九州天草で印刷されている。近代に入ってからは、1887年に「八ツ山羊」(呉文聡・訳)の表題で弘文社より刊行されている。

脚注[編集]

  1. ^ グリム童話 KHM5 オオカミと七匹の子ヤギ について

関連項目[編集]

外部リンク[編集]