片山憲太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
片山 憲太郎
(かたやま けんたろう)
ペンネーム 片山 憲太郎
(かたやま けんたろう)
誕生 1973年????
日本の旗 日本東京都
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 明星大学卒業
活動期間 2004年 -
ジャンル ライトノベル
ミステリサスペンス
伝奇小説
代表作 電波的な彼女シリーズ
シリーズ
主な受賞歴 第3回スーパーダッシュ小説新人賞
処女作 『電波日和』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

片山 憲太郎(かたやま けんたろう、1973年 - )は、日本小説家東京都出身。明星大学卒業。

人物[編集]

集英社主催の第3回スーパーダッシュ小説新人賞に応募した『電波日和』で佳作を受賞。投稿時のペンネームは「片山大介」。同作品は2004年、「集英社スーパーダッシュ文庫」から『電波的な彼女』として刊行された。

本人曰く、作文の類は苦手。なお『 〜ギロチン〜』執筆中に8年間使用していたパソコンが故障したため、当初の2006年4月発売予定から同年7月に延期となった。

作品[編集]

  • 電波的な彼女シリーズ
    • 電波的な彼女
    • 電波的な彼女 〜愚か者の選択〜
    • 電波的な彼女 〜幸福ゲーム〜
  • シリーズ

作品における世界観[編集]

デビュー作『電波的な彼女』シリーズと第二作『』シリーズは、同じ世界観を共有した作品となっている。

両作に共通で登場しているキャラクターに柔沢紅香がおり、紅登場時の彼女も息子の柔沢ジュウの存在を気にかけるような発言をしている。

『電波的な彼女』に登場した堕花雨、斬島雪姫、円堂円らの苗字「堕花」「斬島」「円堂」が紅において裏十三家として登場する。

また、同じく『紅』では斬島雪姫の刃物を持つと性格が変わる、という性質を引き継いだキャラクター斬島切彦が登場する。

出典[編集]

外部リンク[編集]