炭素-水素結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

炭素-水素結合 (carbon-hydrogen bond、C-H結合) は炭素水素共有結合であり、有機化合物ではありふれたものである[1]結合距離はおよそ109 pmであり、結合エネルギーはおよそ413 kJ/molである。炭素と水素のポーリングの電気陰性度はそれぞれ2.5と2.1で、この差はあまり大きくないのでC-H結合はふつう無極性共有結合とみなされる。構造式では水素原子はよく省略される。C-H結合とC-C結合のみの化合物を炭化水素といい、アルカンアルケンアルキン芳香族炭化水素に分類される。

反応[編集]

炭素-水素結合は一般に不活性であるが、炭素酸ではC-H結合がプロトンを脱離できる。活性C-H結合はヘテロ原子 (O、N、Siなど)と隣接している。そのような結合でもたいていはラジカル置換反応ぐらいしか関与できない。ほかのC-H結合が関与する特殊な反応はC-H活性化としてまとめられている。

C-H結合は最も強い結合の1つであるが、安定な有機化合物だけをみてもその強さには30%以上のばらつきがある[2]

結合 炭化水素ラジカル 結合解離エネルギー
(kJ/mol)
CH3-H メチル基 431
C2H5-H エチル基 410
(CH3)2HC-H イソプロピル基 397
(CH3)3C-H tert-ブチル基 389
CH2=CH-H ビニル基 469
C6H5-H フェニル基 460
CH2=CHCH2-H アリル基 368
C6H5CH2-H ベンジル基 356
OC4H7-H テトラヒドロフラニル基 385

参考文献[編集]

  1. ^ March, Jerry (1985). Advanced Organic Chemistry: Reactions, Mechanisms, and Structure (3rd ed.). New York: Wiley. ISBN 0-471-85472-7. 
  2. ^ Standard bond energies and bond dissociation energies”. 2011年3月22日閲覧。

関連項目[編集]