潜水鐘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
潜水鐘の外観
潜水鐘(断面図)

潜水鐘(せんすいしょう)、もしくはダイビング・ベル(英語:Diving bell)とはかつて使われた潜水装置の一種。本体は金属製で型(すなわち底が開いている)の構造物で、船舶などから水中に吊り下ろされる。

水上から管を通じて絶え間なく送気がなされる。この送気は二つの役割を果たす。第一に、これによって潜水鐘内部の気圧が外部の水圧と等しくなるまで高められる。そのため潜水鐘には(穴があるにもかかわらず)水は浸入しない。第二には、潜水鐘内部の空気が清浄に保たれ、搭乗者が呼吸を続けられる。

つまり潜水鐘を使えばスクーバ器材等を付けなくとも長時間水中に潜ることができ、なおかつ大気圧潜水とは違って搭乗者が半ば水中に開放されている(水に直接ふれることが可能)という利点がある。ただし潜水鐘内部は深度に応じて高圧になるので、搭乗者は潜水服を使う潜水の場合と同様、減圧症になる可能性がある。

18世紀には原型が完成し19世紀には盛んに使用されたが、密閉型の潜水球(Bathysphere)や独立して動けるバチスカーフ(Bathyscaphe)にとって変わられたため現在では使用されていない。

なお、飽和潜水に用いられるPTC(Personnel Transfer Capsule、人員輸送カプセル)もベルと呼ばれる。

歴史[編集]

前史[編集]

ガラス瓶で海に潜るアレキサンダー大王(16世紀の絵画)
  • 紀元前4世紀後半 - アレクサンドロス3世(大王)がガラス瓶に入り海に潜ったという伝説がある。
  • 1535年、イタリアのフランチェスコ・デ・マルキは潜水鐘を使用してネミ湖に沈んだ皇帝ネロが建造させた沈没船から大理石敷石、青銅、銅や鉛の工芸品を引き上げた(出典は英語版 Nemi ships であるが、原典は示されていない)。
  • 1538年 - スペインで原始的な潜水鐘が作られる。材質は革と金属で、吊下や送気はされず自由に動き回れるものだったが、内部の空気を使い切るまでの時間しか活動できなかった。
  • 1687年 - ウィリアム・フィリップスというアメリカ人が西インド諸島の海底に沈んだ財宝を引き上げる目的で潜水鐘を作る。
  • 1717年 - エドモンド・ハレーの考案した潜水鐘が水中での作業に使われる。17mの水深に一時間半潜った。空気は重りの付いた樽に詰められて供給された。

18・19世紀[編集]

20・21世紀[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 韓国旅客船事故の捜索作業 特殊機材「潜水鐘」撤収へ、2014年5月1日。

参考文献[編集]

  • リチャード・プラット『発明の歴史 - 目で見る歴史年表』学研、1995年、ISBN 4-05-200533-3
  • ロジャー・ブリッジマン『1000の発明・発見図鑑』丸善、2003年、ISBN 4-621-07031-X
  • ウィキペディア英語版(en:Diving bell

関連項目[編集]